注目されている美白成分アルブチンの効果

この記事を読むのに必要な時間は約: 2 分

肌のくすみやシミは、女性にとっては永遠の課題です。日焼けによる老班タイプのシミなら、美容クリニックでレーザーを打てば数日ですっきりと解消できますが、肝斑タイプのシミや色素沈着、その他肌全体のくすみなどは、レーザーで解決することは難しいものです。そのため、やはり普段のスキンケアで美白効果のある成分を継続することが、シミや肌のくすみを作らないための秘策と言えるでしょう。

美白成分にはたくさんの成分がありますが、これから肌の表面に出現するであろうシミ予備軍に対して効果を発揮してくれるのが、アルブチンという美白成分です。アルブチンは厚生労働省にも認可されている美白成分で、ブドウ糖とハイドロキノンが結合して作られる成分です。ハイドロキノンは漂白成分と呼ばれるほど高い美白作用がありますが、その反面、肌への刺激が強いために敏感肌の人は使いづらいという難点がありました。しかしアルブチンは、成分的に安定していて肌への刺激が小さいため、敏感肌の人でも安心して使いやすいというメリットがあるのです。

美白成分がどんな風に作用するかは、その成分によって異なります。アルブチンの場合には、メラニン色素を作り出すチロシナーゼという酵素に働きかけることによって、肌の内側でメラニン色素を作りにくくするという作用が期待できます。スキンケア商品などに配合されているアルブチンを毎日のお手入れで使えば、肌のくすみが解消できるだけでなく、気になるシミが薄くなって目立たなくなることも可能ですよ。

よく美白で有名なトラネキサム酸と比較されるが、トラネキサム酸はメラノサイトと言う普段からは肌の奥に存在し眠っている、シミのもととなるメラニンを産生する細胞の働きをブロックするのに対し、アルブチンの場合は次の段階、メラニンが活性化し、黒色メラニンになる段階を活性化するチロシナーゼを阻害して、シミができにくくなるようにしているのです。

すでにできているシミには、よく強いメラニン還元作用を持つハイドロキノンが選ばれるが、痛み、かゆみ、高濃度では発がん性が潜んでいるなど副作用が心配な方で、シミ対策ではなく、ただ美白、美肌目的なら同じメラニン還元作用(弱いが)をもつビタミンC誘導体とアルブチン、トラネキサム酸等で予防するほうが現実的かも。

アルブチンの 動画 まとめ

関連キーワード
健康,美容の関連記事
  • 手軽に高タンパク質が摂れる「ザバスMILK PROTEIN」が大好評のワケ
  • 寝る直前の食事がNGな3つの理由と健康にいい空腹対策を紹介!
  • 注目されている美白成分アルブチンの効果
  • ストレスだけじゃない!現代人に急増中のパニック障害になりやすい人の特徴6つ
  • ニキビに効く薬、ケア方法、他注意するべきところ

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事
歴史秘話ヒストリアー徳川四天王
日本史
歴史は面白くて、難しい。 面白いのは、今の人々の人生は過去の歴史に否応なしに決定付けられていて、ちゃんと歴史を裏読みし、隠された意図や意味を...