バッドジーニアスー危険な天才たち  スマートでスタイリッシュなタイ映画

この記事を読むのに必要な時間は約: 1 分

実はに基づいた映画らしい。一気に見終わりました。

実際は2014年に中国で起きた集団カンニング事件。それをタイの監督がハリウッド並みの良作に仕上げている。

天才的な頭脳を持つ少女リンが、友人のテストの手伝いをしたことで、だんだんとカンニングビジネスまで発展していく。

高度の手段を駆使して、規模もだんだんとエスカレートしていき、やがて時差を使って国境をまたがることになる。この映画ではもう一人の天才も出てくるが、構図的には貧乏だが、天才的な頭脳の持ち主が金持ちのボンボンにビジネス提供して荒稼ぎする感じ。

最後の、アメリカの大学に留学するため世界各国で行われる大学統一入試「STIC」攻略のカンニングシーンは圧巻でハラハラドキドキ。また、主人公のリンはいかにも頭脳明晰な女優を選んだ感じ。スタイルも抜群で適役だった。演技力もよく、彼女一人の存在感がこの映画の成功にかなり加勢しているでしょう。

ネットの評価も総じて高得点でしたね。されどカンニングシーンがこんなに刺激的に演出できるのは予想外だった。

バッドジーニアスの 動画 まとめ

  • バッドジーニアスー危険な天才たち  スマートでスタイリッシュなタイ映画

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事
絶景とロマン 小豆島の旅
国内
小豆島は年間を通して温暖な気候で外周およそ100キロ、瀬戸内海では淡路島の次に大きい島です。 海沿いや内陸に多くの観光スポットが点在していま...
お勧めのネット証券とその比較
政治,経済
最近ネット証券で株取引を始めてみたいと考えていませんか? しかしネット証券は数が多く、比較すべきですが各項目も多く分かりにくい側面があります...