感動!原材料から自分でつくる奇跡のパン屋「ムール ア・ラ ムール」

この記事を読むのに必要な時間は約: 4 分

原材料から自分でつくる奇跡のパン屋があります。そのパン屋こそ「ムール ア・ラ ムール」。自家栽培した湘南小麦を使用してつくられたパンは風味豊か。地域の人をはじめ、全国各地の人がパンを求めにやってくるのです。この記事では、ムール ア・ラ ムールの魅力をご紹介します。

神奈川県伊勢原市に行列ができているパン屋「ムール ア・ラ ムール」。たくさんの人を魅了する秘密は、自社製粉の小麦粉「湘南小麦」にあります。

「ムール ア・ラ ムール」の本杉シェフは小麦の自家栽培からパン製造まで情熱を持って取り組んでいます。その結果、地域の常連客をはじめ、全国各地からパンを求めにやってくるように。
そんな魅力ある店舗「ムール ア・ラ ムール」を今回はご紹介します。

・湘南小麦プロジェクトとは?国産強力粉の魅力!

「どうやったら本当においしいパンが焼けるのか…?」と考え抜いた結果、地元産の小麦を自社製粉してパンを作るという地産地消への挑戦は「湘南小麦プロジェクト」と名付けられています。
手間をかけて挽いた小麦粉は、甘味と香りが立つと評判を呼び、有名なパン職人達からも調達されるほどの人気の国産強力粉に。
現在では、東京農業大学と共同で「パン食文化フォーラム」が立ち上がるなど湘南小麦プロジェクトは大きく広がりを見せているのです。

・百名店にも輝くパン屋「ムール ア・ラ ムール」

湘南小麦の自家製粉は、伝説のパン職人として名を残した故高橋幸夫シェフのブノワトンから始まりました。
ブノワトンの店舗を引き継ぎ、同じ店舗で営まれているのが「ムール ア・ラ ムール」です。自ら農家と契約して、収穫された小麦粉をブレンド。自社工場で製粉した小麦粉を利用する。
「ムール ア・ラ ムール」のパンを食べてみると、職人技術も情熱も小麦粉の風味に捧げられていることを感じることができます。
この店舗は「百名店2018」にも輝いていて、多くの人を魅了しています。お客さまだけではなくて、パン職人たちからも注目を集めているお店です。

【基本情報】
住所:神奈川県伊勢原市板戸645-5
電話番号:0463-57-3085
営業時間:10:00~17:00
定休日;火・水・木曜日

・ムールア・ラムールで大人気のパンは「バゲット」

湘南小麦を利用する石白バゲット(320円)は大人気で、すぐに完売に。外麦とは異なる風味が広がります。そのバゲットでつくられた、ドイツ産生ハムとクリームチーズのバゲットサンド(290円)は、とてもあたたかい風味。
皮はシッカリとして風合いがありながら、柔らかい触感を楽しめる。口の中の至るところで、とろけいく快感が発火する人気商品となっています。
バゲットは、すぐに売り切れてしまうため、事前に予約をしておくと安心です。

・伝説のパン屋「ブノワトン」のレシピを引き継いだ「ブランオーレ」

ブノワトンは伝説のパン屋と常連客から熱烈の支持を集めていました。
ブノワトン時代と同じレシピで焼かれるものが、ブランオーレ(160円)ふすまパンですが、想像を超えるほど軽やかで、目覚ましい甘さが印象的な一品です。
ぷりぷりと粒が弾けるような噛み応えが心地いいブランオーレ。
噛めば噛むほど甘さが広がるこの商品は、今も多くの常連客が購入しにくる定番商品です。

まとめ「どうやったら本当においしいパンが焼けるのか…?」という疑問を感じて、自家栽培している湘南小麦を利用してつくられたパンの風味は、職人の情熱を感じることができます。
他のパンと比較できないほどの違いを感じることができるでしょう。地域の常連客をはじめ、全国各地からパンを求めて「ムール ア・ラ ムール」にやってくる人々。
休日は、午前中になると売り切れになるほどの人気です。パンをお買い求めになる際は、予約を入れておくことをオススメします。

美味しいパン屋の 動画 まとめ

  • 専門店も顔負けのファミリーレストランのハンバーグを徹底解剖
  • ついつい食べたくなっちゃう魔法の粒!グミ通が推薦するグミ大図鑑!
  • 名古屋に行ったらぜひ立ち寄りたいなごやめしの人気店
  • 福岡の真のグルメはうどん?知られざるうどんの名店3選
  • 珍しい海外料理が楽しめる都内の人気レストラン5選
  • 「ミシュランガイド東京2019」12年連続星3つ獲得の有名店を紹介!

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事