【テレアポの達人直伝!】平均月収20万を卒業するクロージング

この記事を読むのに必要な時間は約: 6 分

転職情報サイト『はたらいく』によれば、コールセンターで働くアポインターの平均月収は23万円程度とされています。

人並みの生活をする分には不自由しないかもしれませんが、平均月収20万円台を卒業したいとは思いませんか?

毎月のお給料が増えれば、あなたの暮らしは豊かになりますよね。今までは買えなかった高級ブランド品に手が届くようになるほか、海外旅行にも気軽に行けるようになります。

平均月収20万円を卒業して、理想的な生活を実現するためには、テレアポの締めくくり部分・クロージングスキルを磨くのがおすすめです。

この記事では、筆者独自のノウハウとして、【テレアポの達人直伝!】平均月収20万を卒業するクロージングの方法をお伝えします。

①平均月収20万のアポインターは「クロージングの本質」を理解していない


(参考:https://pixabay.com/ja/)

突然ですが、アウトバンドのテレアポでクロージングが必要な理由を知っていますか?

1つの商材に対して500人~1,000人規模のアポインターを保有するコールセンターでも、研修段階でクロージングの必要性を教えているところは少ないのです。

テレアポでクロージングをしなければならない理由は、お客様の行動を限定して、商品・サービスに申し込みやすくするためです。

こちらから商品・サービスを売り込んでいくテレアポの場合、成約率の高いスクリプトを読むだけでは、契約の獲得(受注)にはつながりません。

「話はわかったけど、私は何をすればいいの?」
「感じのいい営業さんで良かったけど、結局は何の電話なのかがわからなかった」

このように指摘されることが多いアポインターは、平均月収20万円台を超えません。
案内の最後にクロージングをかけて、お客様が何をすればよいのかを教えてあげましょう。

②平均月収20万を卒業するクロージング


(参考:https://pixabay.com/ja/)

続いて、本題の「平均月収20万を卒業するクロージング」について見ていきましょう。
ここでのポイントは3つ。

・お客様の警戒心を解くこと

・お客様を教育すること

・お客様を焦らせること

この3点を押さえたクロージングをすれば、テレアポ業務で稼げる月収は20万円をラクに超えるはずです。

下記のクロージング方法を取り入れて、あなたのスクリプトを強化してくださいね!

2.1 案内まとめ型・クロージング

なかなかスクリプト通りに案内が進められないときは、「案内まとめ型・クロージング」を使いましょう。

アポインター歴が浅い人は、「お申込みしてください」「切り替えてください」と案内して断られることを怖がってしまう傾向があります。

たしかに、苦労して案内を終えたところで「結構です」って言われるのは辛いですよね。
特に他のアポインターが取れているときは、落ち込み度も倍増してしまうでしょう。

それならまずは、お客様にお話ししたことの要点をまとめてみませんか?

1度だけ案内を受けた商品・サービスに申し込む人はあまりいません。
でも、二重確認をしてもらうことで、お客様の警戒心は急激に下がるのです。

「この人なら信用できそうだ」
「案内が丁寧でわかりやすいから安心して申し込める」

このように感じてもらえるので、案内のまとめを挟むだけで面白いほど取れるわけです。

どこまで案内したかわからなくなってしまった場合にも、案内まとめ型・クロージングを使うのがおすすめです。

2.2 教育型・クロージング

教育型・クロージングとは、お客様の疑問・悩みにすべて答えて信頼してもらう手法です。
これは、新人アポインターに覚えてもらいたいクロージング方法といえます。

お客様の性格や警戒心の強さにもよりますが、大抵の場合、商品・サービスの案内が完璧であることよりも、「あなたを信頼できるかどうか」で申し込み可否を決めるのです。

言い換えれば、案内する商品・サービスの知識が少ないだけで案内を断られる確率は低いということになります。

「必死でお客様に向き合っているうちに受注できた!」なんてことはザラにあるのです。

2.3 焦燥型・クロージング

焦燥型・クロージングとは、文字通り、お客様を焦らせて申し込みにつなげる手法です。
ここで私がよく使っていた台詞は4つ。

・「今、申し込まなければ年間で○万円の損をします」

・「こちらは大人気商品のため、再入荷がいつになるかわかりません」

・「お客様の前にご案内した方もすぐに切り替えておられました」

日本人は昔から「お得な情報」に弱く、「前に倣え」という風習を重んじています。
特にお金の面において、自分だけが損をすることを嫌う傾向があるのです。

「私だけが○万円も損するなんて嫌だ」
「他の人はもう切り替えているのだから、自分も早くしなくちゃ!」

こうしてお客様を焦らせることで、早めの申し込みを促すことができます。

今回ご紹介した3つのテレアポのクロージング方法で、私は月収50万円を達成しています。
みなさんもワンランク上の生活をするために、この記事の情報を役立ててくださいね!

クロージングの 動画 まとめ

仕事,自己啓発の関連記事
  • NETFLIXのお得な使い方
  • 【テレアポの達人直伝!】平均月収20万を卒業するクロージング
  • 人間関係がうまくいかない人の5つの特徴と解決方法
  • 【高評価】ビジネスマンなら読みたい大注目のビジネス書籍を大紹介!
  • 行動の邪魔をする潜在意識の現状維持機能を乗り越えよう
  • 【新卒社員必見!】仕事の効率を飛躍的に良くする3つのポイント

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事
心が穏やかになる 伊勢神宮の旅
国内
三重県伊勢市の伊勢神宮とは、外宮(げぐう)と呼ばれる「豊受大神宮(とようけだいじんぐう)と内宮(ないぐう)の「皇大神宮(こうたいじんぐう)の...
Javascriptのすすめ
IT
Javascriptの時代がくる!と密かにに思っている。数年後、プログラミング教育が義務化になろうとしていて、初心者にはまずPHPと言いたい...