eスポーツ初心者がまず始めるべき3つの「勝てる」ゲームをジャンル別に紹介

この記事を読むのに必要な時間は約: 4 分

今年はやるものの一つ、最近よくテレビ広告で見かけるeスポーツについて書きたいと思います。

eスポーツは初心者でも練習を重ねてスキルを高めれば上級者に「勝てる」タイトルがいくつかある。さらに腕を磨いて大会に出場し、優勝・準優勝などの好成績をあげれば賞金を獲得できる可能性もゼロではない。
eスポーツ初心者が始めるべきゲームのタイトルは以下3つだ。

1.【格闘ゲーム】「ストリートファイターV アーケードエディション」で勝つために技のコマンド・コンボを習得

eスポーツで人気の高い格ゲーといえば、「ストリートファイターV アーケードエディション」(以下:ストV)である。「ストリートファイター」は国内における格ゲーの代名詞ともいえるシリーズであり、ゲームセンターのアーケードで触れたことがある人も多いのではないだろうか。
ストVは使用するキャラクターごとの属性、および技のコマンド・コンボを覚えることが勝つために必要な要素だ。トレーニングモードという練習に最適な機能が備えられているため、各キャラの動きや技をじっくりトレーニングできる。

2. 【レースゲーム】「グランツーリスモSPORT」は初心者モードで特訓

PS4に加えPSVRを媒体に使用することで、実車をコントロールしているかのようなリアルなレーシングをできるゲームが「グランツーリスモSPORT」(以下:GT SPORT)だ。
GT SPORTには初心者から上級者向けの各アシストプリセットが用意されており、レースゲームに慣れていない初心者でもアクセルやブレーキングなどのコントロールが簡単にできる。操作に慣れてきたら徐々にアシストプリセットを外してドライビングテクニックを磨こう。
GT SPORTは2種類のチャンピオンシップが用意されており、レースで好成績をあげれば国際自動車連盟が発行する公式ライセンスを得られる。
また実在する車種を操れるため、現実におけるドライビングテクニックや知識を活かして走れば上位を狙うことも可能だ。

3. 【TPS】「PLAYERUNKNOWN’S BATTELEGROUNDS」で勝ちたいならハウツー動画で研究

eスポーツにおける立役者でもある分野がFPS(First Person Shooter)およびTPS(Third Person Shooter)であり、なかでもメジャーなタイトルがTPSのPLAYERUNKNOWN’S BATTELEGROUNDS(以下:PUBG)だ。
PUBGはいわゆるバトル・ロワイアルをテーマとしたタイトルであり、孤島にて100名前後のプレイヤーと生き残りをかけたサバイバルを行うゲームである。
ソロモードに加えて2〜4名の編成で挑むチームモードもあるが、平たくいえば銃や鈍器などを使って敵を倒し、最後の生き残りとなったプレイヤー(チーム)が勝ちだ。アイテムは試合ごとに孤島にて回収するため、戦況は若干の運要素が伴う。
プレイヤー層が広く著名な国内YouTuberもプレイしているため、ネットにハウツー動画が多くある。操作は決して難しくなく、試合を重ねて慣れるほどエイムや立ち回りが鍛えられて上位を狙える。

人気のe-スポーツの 動画 まとめ

関連キーワード
IT, ゲームの関連記事
  • 元・女子高生AIりんなが歌手に?AIの進化が止まらない
  • 実用化されるのはいつ?自動運転の未来とは
  • 人工知能が人類を支配する?2045年問題とは
  • 【CES2019レポート】海外勢が積極的に展示したガジェット5選!総まとめ
  • アフィリ初心者でも稼げるセルフバックでお小遣いを得るコツ
  • 業務を効率化するクラウドERP、その3つのメリットとは

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事
固定給の弊害
政治,経済
固定給は正しいのか、について論じてみたいと思います。 会社組織において、雇用側は必ず被雇用側と対立する。雇用側は被雇用側にたくさん仕事をして...