AIロボットが完成に近づく近未来社会『エクス・マキナ』

この記事を読むのに必要な時間は約: 3 分

人間そっくりのAIロボットが活躍する近未来社会を描いたSFスリラー。エクス・マキナとは、ラテン語で「機械仕掛けの」という意味です。

アレックス・ガーランド監督のデビュー作であり、『第88回アカデミー賞視覚効果賞』を受賞しています。

視覚効果賞を取っただけあって映像が美しく、AIロボットも精巧に作られています。

登場人物が少なく、派手なアクションなどは一切ない作品ですけど、この先に何が起こるのか静かな怖さがヒシヒシと伝わってきます。

映画は未来を先取りしていますから、観た後でこんな精巧なAIロボットが誕生するのもそう遠いことではないと思わせられるでしょう。

エクス・マキナのあらすじ

検索エンジン最大手ブルーブック社のプログラマーであるケイレブ(ドーナル・グリーソン)は、ネイサン社長(オスカー・アイザック)の自宅を訪問します。

人里離れた山奥にある社長宅で、ケイレブは美しいAI女性のエヴァ(アリシア・ヴィキャンデル)を紹介されます。顔は普通の女性ですが、身体は透明で機械が透けて見えます。

ネイサン社長の自宅は研究施設を兼ねており、ケイレブは社長にAIロボットの知能を試すチューリングテストを命じられます。

エヴァは社長以外の人間に会ったのは初めてだと言い、ガラス張りの部屋に閉じ込められていました。常に監視されているエヴァは、「社長の言うことを信用しないで」と言います。

ケイレブはエヴァに好意を抱き、彼女を連れて社長宅から逃げようとしますが…。

エクス・マキナの見どころ

この映画を一言で説明すると、人間に近い感情を持つAIロボットが反抗を企てる話です。

エヴァが自分の魅力を最大限に利用してケイレブを陥れるさまは、人間の女性が恋人を裏切るのと酷似しています。

映画の中にケイレブが自分は人間なのかを疑い、カミソリで手首を切るシーンがあります。ケイレブは流れる血を見て、自分を人間と確認します。実はテストを受けているのは、自分のほうでないかと不安になったのです。

ネイサン社長は、ケイレブに「エヴァは合格、それとも失格?」とたずねますが、ネイサン社長こそ何を作りたかったのでしょう!?

人間がほしいのは「従順なAIロボット」であって、気まぐれな女性ではないはずです。

介護や育児などの分野で人手不足が叫ばれている日本でも、AIロボットの研究に期待が寄せられています。人の嫌がる職業を肩代わりさせるのが目的です。

もし、人間並みの感情を持つAIロボットが過酷な介護の仕事を拒否したら、この映画の世界観に近づくのではないかと思いました。

エクス・マキナの 動画 まとめ

関連キーワード
映画, 洋画の関連記事
  • AIロボットが完成に近づく近未来社会『エクス・マキナ』
  • ボヘミアンラプソディー 魂を揺さぶる映画
  • バッドジーニアスー危険な天才たち  スマートでスタイリッシュなタイ映画
  • 実話が題材!日本の社会問題まで描かれる脳裏に焼き付く邦画3選!
  • 君の名はー疎外された現代若者の自分探し
  • サスペンス映画の金字塔、ユージュアルサスペクツ

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事
最強のエディタBrackets
IT
いろいろとエディターを使ってみたなかで、Bracketsという最強のに出会えたことは、今後プラグラムを組むことにおいて、無限のモチベーション...