この世界は実は5分前に始まった?ラッセルが提唱した世界五分前仮説とは

この記事を読むのに必要な時間は約: 3 分

今私たちが生きているこの世界。
地球が誕生したのは46億年前、そして宇宙が誕生したのは138億年前と遥か太古に今現在生きている世界は誕生したと科学的にされています。
しかし、そのような仮説とは全く異なる「世界五分前仮説」という思考実験をご存知でしょうか?
これは哲学者であるバートランド・ラッセルによって提唱され、読んで字の如く「この世界は実は5分前に始まった」とするものなのです。
今回は一見突拍子も無いように思えるこの仮説の具体的な内容をご紹介します。

世界五分前仮説は反証不可能?

「世界は5分前に始まった」
急にこのように言われても、多くの人がこのような反応を示すことでしょう。
「いやいや、そんなわけないよ。だって1年前の記憶、それよりも前の記憶がしっかりとあるんだし」
しかし、世界五分前仮説はこの反論を簡単に交わします。
実際にラッセルは自著「心の分析」にて以下のように綴っています。
「世界が五分前にそっくりそのままの形で、すべての非実在の過去を住民が「覚えていた」状態で突然出現した、という仮説に論理的不可能性はまったくない。異なる時間に生じた出来事間には、いかなる論理的必然的な結びつきもない。それゆえ、いま起こりつつあることや未来に起こるであろうことが、世界は五分前に始まったという仮説を反駁することはまったくできない。したがって、過去の知識と呼ばれている出来事は過去とは論理的に独立である。そうした知識は、たとえ過去が存在しなかったとしても、理論的にはいまこうであるのと同じであるような現在の内容へと完全に分析可能なのである」
つまり、1年以上前としている記憶も5分前の記憶が何らかの大いなる力によって書き換えられた仮定としても、何ら論理的矛盾は生まれないということを指しているのです。

世界五分前仮説の目的とは?

一見突拍子も無い思考実験のように思える世界五分前仮説。
この仮説が立てられた目的とは何なのでしょうか?
それは「すべての当たり前とされているものは本当に正しいのか?」と疑問を投げかけることです。
これは哲学において懐疑主義と呼ばれます。
ラッセルはこの仮説を持って「知識とは何か?」「記憶とは何か?」という根源的な疑問を問いかけています。
つまりこれまで生きてきて身につけた知識や記憶が、実は5分前に作られたものとしても反論できない曖昧なものとするならば、一体その正体とは何なのか?ということを問いかけているのです。

あなたはこの文章を読んで何を感じたでしょうか?
実はその感じたことも5分前に作られたものなのかもしれません。

世界五分前仮説の 動画 まとめ

心理,文学,哲学の関連記事
  • 世の中生き辛いのは内向型かも!特徴を知り強みを活かす方法
  • この世界は実は5分前に始まった?ラッセルが提唱した世界五分前仮説とは
  • 君の名はー疎外された現代若者の自分探し
  • 【女性必見!】仕事で疲れてる時の男性心理3選
  • 人間関係がうまくいかない人の5つの特徴と解決方法
  • 哲学の祖、ソクラテスの教え

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事
リゾートを駆け巡る マウイの旅
旅行,自然
アメリカハワイ州、マウイ島はハワイ諸島で2番目に広い面積を持つ島です。 オアフからマウイ島まで、およそ40分のフライトですから、沖縄本島から...
感動のクーポンサイト体験!
日常生活
この前初めてクーポンサイトを利用しました。 4人以上で幹事無料ということです。もちろん幹事はだれでもOK! 素敵なイタリアン店でした。もとも...