【2019年度】大手の保険商品の最新ヒット商品とブレイク予測!

この記事を読むのに必要な時間は約: 4 分

割高かつ保守的なイメージが強い大手の生命保険商品。しかし、近年は画期的な商品や特約が次々に登場しています。各社がさまざまな保険商品を次から次へと発表しているのです。大手企業がさまざまなサービスを出すことによって、競争は激化していくので、消費者にとってお得な保険が生まれる可能性もあります。どのような保険商品が登場しているか、こまめに確認することが大切です。
この記事では、大手の生命保険のブレイクしそうな最新保険商品を紹介します。

第一フロンティア生命「プレミアストーリー2」

相続税対策の保険として「生前贈与プラン」が人気を集めています。
ドル建てで保険料を支払うと、積立金を運用で増やしながら、毎年控除枠の110万円を目安に一定額を子などに渡せる仕組みです。暦年贈与の面倒な書類作成などの手間が不要なのも大きな魅力の保険です。
【返戻率】
60歳男性 円入金1000万円 受け取り10回 102.3%

第一生命「かんたん告知認知症保険」

癌などの羅患経験が問われない告知条件が緩い認知症保険です。要介護1以上で一時金が支払われます。生命保険業界初となる「認知機能チェックツール」によって、認知症の予防や早期発見をサポートしてくれます。
スマホで5分間の動画を視聴して、目の動きによって認知機能をチェックするという画期的な診断を受診することが可能です。
・明治安田生命「ベストスタイル給与・家計サポート特約」
病気やケガで働けなくなった場合の月々の生活費を保障する特約です。30日間の入院や在宅療養後、完治や仕事復帰にかかわらず1年間は支払われます。
いかなる病気やケガも保障の対象で、精神疾患によって働けなくなった場合でも給付されます。発売以降、高い負荷率を記録している保険です。
特約料:男性 1143円/月、女性 1063円/月

日本生命「NEWin1」

2019年4月に発売された入院特化型の医療保険です。
入院1回につき10万円~40万円が給付され、入院準備や通院費用にも備えられます。
日帰り入院にも対応していて、入院が長期化しても初日から30日ごとに最大4回の給付金が支払われます。
先進医療給付型の場合は、先進医療サポート給付金を受け取れ、自由に使用することができます。
保険料:40歳男性4,157円 40歳女性4,028円

明治安田生命「つみたてドル建終身」

明治安田生命の平準払い外貨建て終身保険。毎月一定額の保険料を日本円で支払い、解約時にドルで受け取る。払い込み満了後は、ドル建てで終身死亡保障が得られる第2期間に入る。
返戻率:40歳男性 月2万円・30年 70歳受け取り 123.4%

住友生命「たのしみ未来グローバル」

住友生命も積み立て型のドル建て個人年金保険を投入しました。
市場金利が下落しても予定利率は、1.5%を最低保証してくれます。
払い込み満了後に据え置き期間を設定すれば、年金原資が大きくなる仕組みです。
返戻率:予定利率1.5% 109.7% 予定利率139.4%

まとめいかがでしたでしょうか?今回紹介した保険商品の他にも、2019年7月には「はなさく生命」、2019年6月には「メディケア生命」の発売が予定されています。大手サブブランドが進化して、最強の医療保険が登場するのではないかという話題も呼んでいます。
ひと昔前は、保険商品は割高で将来のために備える保守的なイメージがありましたが、近頃は、よりお得になる保険商品が登場しています。そのため、保険商品は定期的に確認しておきましょう。

保険商品の最新ヒット商品の 動画 まとめ

関連キーワード
日常生活の関連記事
  • 日傘男子という言葉も登場!男性向け日傘が売れている理由
  • ボーッとするのはいいことだった!脳科学で発見したDMNとは
  • 勉強や仕事のお供に!オススメのラジオ番組3選
  • モバイル決済ってどれがいいの?主要なモバイル決済サービスを比較してみた
  • 増税前に大注目の海外メーカーのコードレススティック掃除機を紹介!
  • ブーム到来のニトリのホントにお値段以上の日用雑貨を厳選して紹介

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事