次世代の決済方法を考えよう、あなたは現金派?それともカード派?

この記事を読むのに必要な時間は約: 2 分

近年では、日常生活のあらゆるシーンで気軽にクレジットカードやデビットカードで支払いができるようになり、どんどんキャッシュレス化が進んでいます。現金ではなくカードで払うことにはたくさんのメリットがあり、お財布にお金が入っていなくても不安にならないとか、銀行のATMに行って長蛇の列に並んでお金をおろす手間と時間を節約できるなど、便利なことは多いものです。これからの時代にはキャッシュレスが進むと考えられていますが、世間では現金派が多いのでしょうか、それともカード派が多いのでしょうか、気になるところです。

コンビニやスーパー、駅でキップを購入する際にも、クレジットカードを利用することによってポイントが付くなどお得な特典が満載していますが、ある統計によると決済にクレジットカードやデビットカードなどのキャッシュレスがメインという人は全体の30%程度でした。つまり、残りの70%程度の人達は、まだまだ現金での支払いを好むということになりますね。

キャッシュレスでの支払いを好む人たちの層を見ると、アラフォーからアラフィフにかけての中年女性、そして年収1000万円超の高年収層に多いという傾向があります。これらの層の人達は、カード払いをする事で得られるポイントやマイルなどを有効活用するなど、現金ではなくあえてカード払いを選択することによって得られるメリットをよく理解していると考えられます。今後はどのように推移していくのか、気になるところですね。

外国人観光客が増えつつある昨今、キャッシュレスに向けていろいろと新サービスなど動きがありそうだが、一般人からすると、客側は会費、店舗側が手数料を払う仕組みがクレジットカードのデメリットでもある。

日本は治安がいいのであえてキャッシュレスが必要かと思われるが、携帯電話みたいに、またガラパゴス化しないよう、国際的な流れも無視できないのであろう。中国の屋台がQRコードで決済できる様子をテレビでみたとき、確かに少しショッキングだった。

キャッシュレスの 動画 まとめ

関連キーワード
日常生活の関連記事
  • 日傘男子という言葉も登場!男性向け日傘が売れている理由
  • ボーッとするのはいいことだった!脳科学で発見したDMNとは
  • 勉強や仕事のお供に!オススメのラジオ番組3選
  • モバイル決済ってどれがいいの?主要なモバイル決済サービスを比較してみた
  • 増税前に大注目の海外メーカーのコードレススティック掃除機を紹介!
  • ブーム到来のニトリのホントにお値段以上の日用雑貨を厳選して紹介

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事