寝る直前の食事がNGな3つの理由と健康にいい空腹対策を紹介!

この記事を読むのに必要な時間は約: 4 分

健康第一を心がける人にとって、「夜寝る直前の食事は太る」というお話しは常識ですよね。
でも、その理由を正しく理解している人は、どの程度いるのでしょうか?

寝る直前の食事が1ヶ月以上続くと、体重が増える以外のデメリットもでてくるのです。
私たちの体は、食べたものを2~3時間かけて消化します。

それなのに寝る30分~1時間前に食事をすれば、体内で消化・吸収されるべき栄養素は、翌朝まで胃の中にとどまってしまうので、健康によくありません。

この記事では、寝る直前の食事がNGな3つの理由と健康にいい空腹対策を紹介します。
夜遅くまでお仕事をしている男性や、急に太ったことで悩んでいる女性は必見!

①現代人の多くは働き過ぎで夕食の時間が遅れがち…。


(参考:https://pixabay.com/ja/)

2016年に行われた経団連による『年間所定労働時間』によると、下記のような統計結果が出ています。

・現代人の42パーセントは年間に1,800~1,900時間働いている
・現代人の40パーセントは年間に1,900~2,000時間働いている

一般的な年間休日を120日として、これを1日あたりの労働時間に換算すると、平均して7.3~8.1時間も働いていることになります。

また、現代人の平均出社時刻は午前9時ですが、誰もが午前中から出社し、夕方頃に退社できるわけではありませんよね。

こうした働き過ぎが原因で、現代人の夕食の時間は遅れがちになっているのです。
特に夜の食事が増えやすい業種は、飲食・サービス関連。

シフトを早朝・朝・午後・深夜の4勤交替にしている会社もあるため、日によって夕食の時間が深夜0時を回る人もいます…。

②寝る直前の食事がNGな3つの理由


(参考:https://pixabay.com/ja/)

年間を通して繰り返される残業のせいで、現代人の食事の時間は遅れています。
だからこそ、「食事をしっかり摂って体力をつけなきゃ!」なんて思う人もいるでしょう。

しかし、食事は時間を考えて行わなければ健康被害を増長させてしまいます。
この事実を理解するために、寝る直前の食事がNGな3つの理由を見ていきましょう。

2.1 寝る直前の食事は胃に負担をかける

私たちが食事した後は、その食べ物を消化するために胃腸が働き始めますよね。
でも、夜が深まるほどに胃腸の働きが弱まることを知っていますか?

人間の体内には、「BMAL1(ビーマルワン)」というタンパク質が備わっています。
これにより、健康的な毎日を過ごすための栄養素を体内で温存することができるのです。

BMAL1が多く生成されるのは、22時以降~27時頃。
つまり、寝る直前の時間帯に食事を摂れば、BMAL1の働きによって、胃腸の消化・吸収を妨害してしまうのです。

すると、その日の夜に食べたものは消化されず、胃腸に残ったままの状態になります。

この状態を受けた胃腸は、残った食べ物をなんとか消化・吸収しようと働きます。
結果的に、胃腸は1日中休まらないため、かなりの負担をかけてしまうことになるのです。

2.2 睡眠の質が悪くなる

先にお伝えしたように、寝る直前の食事は胃に負担をかけます。
また、胃腸が休まることなく消化・吸収が続くと、睡眠の質にも影響してしまうのです。

私たちは日々、交感神経と副交感神経によって脳への信号を出しています。
下記に、各種神経の特徴をわかりやすくまとめてみました。

・交感神経:朝~夕方まで働き、「活力」を引き出す神経。
・副交感神経・夕方~深夜まで働き、「睡眠導入/リラックス」しやすい状態に導く神経

朝から夕方の時間帯は、交感神経の働きによって食べ物の消化・吸収がしやすいのですが、それ以降の時間になると副交感神経が作用し始めるので、胃腸の働きが鈍くなります。

この状態で夜寝る直前に食事を摂れば、「睡眠中にも脳や体が覚醒している状態」になり、睡眠の質を著しく下げてしまうのです。

2.3 食べてすぐに寝ると太る

胃腸が食べ物を消化しきるまでは、最低でも2~3時間かかります。

食事をした直後に寝れば、脂肪を蓄えるBMAL1や、胃腸の消化作用を弱める副交感神経の働きで激太りしてしまうでしょう。

どんなに残業の多いお仕事をしていたとしても、激太りして成人病にかかるリスクだけは避けたいものですよね。

③健康にいい空腹対策はこれ!


(参考:https://pixabay.com/ja/)

基本的に、夜寝る直前の食事は避けなければいけません。
「どうしても空腹で眠れない!」という方は、下記のメニューから選んで食べてください。

寝る直前の空腹時におすすめの食事 栄養素/健康・美容効果
豆腐とわかめのサラダ 大豆サボニンとミネラルを含む。
動脈硬化予防や髪の毛の傷みを防ぐ。
ほうれん草と卵のスープ ビタミンA、ビタミンB群を含む。
肌の免疫力を高め、体力回復に効果的な
良性タンパク質を生成する。
具なし味噌汁 味噌も、豆腐と同じく大豆サボニンを含む。
胃にかかる負担を最小限におさえる。

肉類、揚げ物、固形物を夜に食べることは避け、栄養バランスのよい食事を摂ることが空腹を満たす秘訣です。

食事を摂るなら「量より質・タイミング」と理解し、寝る直前の暴飲暴食は控えましょう。
健康を形づくるのは、日頃の食生活なのです。

寝る直前の食事の 動画 まとめ

健康,美容の関連記事
  • 春のゆらぎ肌は花粉症が原因!おすすめの対策方法3選
  • 寝る直前の食事がNGな3つの理由と健康にいい空腹対策を紹介!
  • 注目されている美白成分アルブチンの効果
  • ストレスだけじゃない!現代人に急増中のパニック障害になりやすい人の特徴6つ
  • ニキビに効く薬、ケア方法、他注意するべきところ
おすすめの記事