共感度高し!恋愛心理に関係した代表的なあるある

この記事を読むのに必要な時間は約: 3 分

恋愛の心理は万国共通

人が他者に恋愛感情を抱くという心理メカニズムは万国共通です。人間の恋愛感情が人口を増やし、時には国や社会までをも動かしてきました。ここでは恋愛の心理に関連した代表的なあるあるをいくつか紹介してみます。

恋愛における代表的なあるある

恋愛における代表的なあるあるとしては、「恋愛中は恋愛の曲の歌詞がやたらと心に沁みる」というものがあげられます。世界には恋愛をうたった曲が溢れていますが、恋愛中に聞く曲というのは、まさに自分の気持ちを代弁しているのではないかと思えるほど、歌詞が心に染み渡るものです。

恋愛中は相手に送るメールの文面なども、一字一句気を配ったりするものです。恋は人を詩人にするという名言もあるくらいなので、普段より感受性が高まるのは間違いないのでしょう。

他にもあるあるとして、「失恋の直後は、やたらと物事がはかどる」というものがあります。これなど失恋後の心理が大きく関係しています。失恋の直後はショックが大きいですが、失恋という強烈な自己否定によって心には大きなエネルギーが湧いてきます。また、それまで恋愛にとられていた時間やエネルギーを他の物事に割くことができるため、結果として、仕事や勉強など身の回りのことがやたらはかどるのが面白いところです。

失恋をキッカケにして、ダイエットに成功し大きく魅力が上がるケースなどもこのパターンで、多くの人が失恋をキッカケにして状況が大きく変わるという経験をしているはずです。

他にも「感情の振れ幅が大きすぎて疲れる」というのも、よくある話ではないでしょうか。恋愛中は、片思い・両思いに限らず、喜んだり落ち込んだりと、感情の振れ幅が大きくなり、不安定な状態になります。恋愛によって心が大きく揺さぶられて、何もしてないのに疲れてグッタリ来るというのも、恋愛におけるよくあるパターンと言えます。

この心の振れ幅が小さくなると楽にはなりますが、その分、恋愛の楽しさもまた小さくなるのが難しいところです。ただ、振れ幅が大きいと疲れ切ってしまうので、大きくなりすぎず、かつ、多少のドキドキは残すような、ほどよいところをキープするのが長く他者と恋愛状態を続けるコツと言えるでしょう。

恋愛を卒業するのはいつから?

恋愛は相手がいればどんな年齢であってもできるものです。結婚したり、年齢が上がったからといって恋愛感情を抱いてはいけないという決まりはありません。充実した日々を送る上でも、生きているうちは恋愛感情を心のどこかに持ち続けられる人生を送りたいものです。

恋愛心理テストの 動画 まとめ

関連キーワード
日常生活の関連記事
  • 日傘男子という言葉も登場!男性向け日傘が売れている理由
  • ボーッとするのはいいことだった!脳科学で発見したDMNとは
  • 勉強や仕事のお供に!オススメのラジオ番組3選
  • モバイル決済ってどれがいいの?主要なモバイル決済サービスを比較してみた
  • 増税前に大注目の海外メーカーのコードレススティック掃除機を紹介!
  • ブーム到来のニトリのホントにお値段以上の日用雑貨を厳選して紹介

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事