【体型別】メンズ冬物アウターを選ぶうえで知っておきたい3つのポイントを徹底解説

この記事を読むのに必要な時間は約: 2 分

最初に人の目に入りやすいアウターは、冬のおしゃれにとって重要なアイテムだ。
自分に合ったアウターを選び、上手く着こなせれば周囲の好感度もUPするだろう。しかし、誰もがモデルのような体型をしているわけではない。低身長・太め・なで肩などで悩む男性も多いはずだ。
そこで今回はオススメの冬物アウターの選び方を体型別に詳しく解説する。

低身長の人は着丈が短くメリハリがでるMA-」やPコートで大人っぽさを演出

低身長の男性にオススメなのは、着丈が短いMA-1やPコートである。
MA-1はミリタリー感が強めのカーキよりもブラックやネイビーを選んだほうが着こなしやすく、大人っぽく見えるのでオススメである。
カジュアルな雰囲気が苦手な場合は、着丈が短いPコートで上半身と下半身のメリハリを出すのが◯。

あまりの寒さに、暖かいダウンジャケットを着たいと思う人もいるだろうが、その場合は薄手のライトダウンジャケット一択である。

太め体型には厚手の形がしっかりしているムートン襟のジャケットコートがおすすめ

太めと言っても、ぽっちゃりとがっしりで分かれるところだが、どちらともに柔らかい素材よりも厚手の生地で形が崩れにくいアウターが良いだろう。

Pコートやダッフルコートは腰下からお尻が隠れるくらいの丈で、色はブラックやネイビーなどが着やせ効果もあり、カジュアルにもビジネスにも使用できる。
また、裏地がボアで温かいムートン襟のジャケットコートなどもキマる。インナーが薄手でも暖かく、スッキリ見える。細身のパンツと合わせるといいだろう。

なで肩にはボリュームが出るダウンジャケットで肩のラインをカバー

華奢で軟弱に見られるなで肩には、ダウンジャケットのように全体のボリュームがあるタイプがオススメである。フード付きであれば肩の傾斜が隠せ、なで肩カバーには最適だ。
ただし、切り替えが斜めのラグランスリーブは、かえってなで肩を強調するから避けておこう。

体型の悩みをカバーするアウターを選べば、この冬のオシャレ度はランクUP間違いなし。センスよく冬を乗り切ろう。

メンズ冬物の 動画 まとめ

ファッションの関連記事
  • 日傘男子という言葉も登場!男性向け日傘が売れている理由
  • 2019年の春夏レディーストレンドは「大人フェミニン」!おすすめコーデ3選
  • 【UNIQLO】バリューアイテムで賢くおしゃれ!高見えワードローブ5選!
  • 【体型別】メンズ冬物アウターを選ぶうえで知っておきたい3つのポイントを徹底解説

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事
固定給の弊害
政治,経済
固定給は正しいのか、について論じてみたいと思います。 会社組織において、雇用側は必ず被雇用側と対立する。雇用側は被雇用側にたくさん仕事をして...
躍進著しい シンガポールの旅
旅行,自然
シンガポールの国土は、東京23区の面積に近い広さです。近隣の東南アジア諸国の中心的存在の国で、経済や医療分野も発展しており治安も良く、観光地...