歴史と革新 長崎の旅

この記事を読むのに必要な時間は約: 4 分

長崎と言えば、西洋や中国などの異国情緒がただよう街並みと日本の文化が融合された観光スポットが点在していることで知られています。
今回は、そうした観光スポットをご紹介していきます。

長崎港を見渡す観光スポット「グラバー園」と「大浦天主堂」

山手エリアの異国情緒あふれる場所に「グラバー園」はあり、長崎観光の代表的スポットです。
「グラバー園」は、1863年に訪れたスコットランドのトーマス・ブレーク・グラバーの住まいだった旧グラバー住宅(国指定重要文化財)を始め、旧リンガー住宅、旧オルト住宅、三菱重工業長崎造船所の船員の休憩宿泊施設だった「旧三菱第2ドックハウス」など洋館を移築復元しています。
園内では、当時の西洋スタイルのドレスを着て写真撮影ができる「レトロ写真館」や、長崎の港町の景色を眺めながらゆったりくつろげるカフェも運営されています。
グラバー園から坂道を少し下ると、1864年(元治元年)に建築された大浦天主堂があります。
中世ヨーロッパ建築であるゴシック様式の教会堂で、木造づくりとして日本最古の教会建築として、大浦天主堂は国宝に指定されています。

グラバー園と大浦天主堂の 動画 まとめ

歴史を感じる石畳とオランダ坂に建つ洋館

市内中心へと坂を降りて行きますと、東山手に位置しているオランダ坂へと到着します。
この地域は、以前外国人居留地であったことから、今でも当時の雰囲気がそのまま残っており、日本で最初の女学校である「活水学院」や東山手十二番館など、洋館が7棟建ち並んでいます。
「東山手十二番館」は、1868年(明治元年)に建築され、竣工後にはロシア領事館として使用されたのち、アメリカ領事館やアメリカのメソジスト派(婦人外国伝道協会)の宣教師の人々の住宅として活用された数々の歴史があります。

オランダ坂の 動画 まとめ

鎖国時代に唯一開かれていた「長崎出島」

徳川幕府の鎖国時代に、日本で唯一海外との交流が許されていたのが長崎の「出島」です。
「出島」は現在、オランダ商人が住んでいた当時の生活を再現したテーマパークとなっており、鎖国期、幕末開国後、明治期などそれぞれの時代を感じさせる建物が再現され、建物内では貴重な資料などを見学することができます。
例えば、オランダ商館長カピタンの住居であった「カピタン部屋」は、当時の和洋折衷を物語るように、和室にシャンデリが飾られています。
「阿蘭陀冬至(おらんだとうじ)」という大広間には、クリスマスの宴を再現した当時のメニューの鯛の塩焼きや牛肉の塩漬、空揚げなどの料理細工も併せて展示されています。

長崎出島の 動画 まとめ

長崎デザートの絶品「カステラ」

ポルトガルから長崎に伝わった「カステラ」は、400年以上の昔から長崎で供されていたお菓子です。
カステラは、卵、小麦粉、砂糖の原料だけで、きめ細やかなしっとり、ふっくらとした食感に上品な甘さをつくり上げています。
これらの食感に、カステラの底に敷かれたザラメのシャリシャリとした口あたりが
格別な味わいとなっています。

国内, 旅行,自然の関連記事
  • グルメだけじゃない!福岡でおすすめの観光スポットとは?
  • 自然と文化 沖縄の旅
  • おしゃれなパワーに包まれる 神々しい鎌倉の旅
  • 絶景とロマン 小豆島の旅
  • 歴史と革新 長崎の旅
  • 心が穏やかになる 伊勢神宮の旅

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事
素晴らしいプラグイン ZEBLINE
IT
ネットサーフィンしていて、素晴らしいワードプレスのプラグインを見つけました。 ZEBLINE っていうプラグイン、文章を強調したいときき使う...
世知辛い世の中で、人間の煩悩について
スピリチュアル,宗教
トマ・ピケティの「21世紀の資本」が発売されてから、一時期マルクス関連本がリバイバルした様子だが、長続きしていない。 だが、マルクスは結局正...