ニキビに効く薬、ケア方法、他注意するべきところ

この記事を読むのに必要な時間は約: 3 分

ニキビ治療で失敗しないためには、通う皮膚科クリニックの選定が重要です。まずは、自分が受けたい治療をしているのか確認しましょう。ニキビ治療は、薬の処方だけではありません。ホルモン治療やレーザー治療・ピーリング・イオン導入など、さまざまな方法があります。クリニックによって治療の方針や取り扱っている機器が異なるため、自分に合うニキビケア方法を見つけることが大切なのです。

通いやすい皮膚科クリニックにすることも必要です。ニキビの治療はすぐに終了するわけではなく、継続して通院することになります。ニキビ跡の治療まで含めると、1年近く通うこともあるでしょう。ニキビはしっかりと治さないと再発する可能性が高く、途中で通院をやめない方がいいのです。そのため、自宅や職場から通いやすい、交通アクセスがいいなどの条件を優先させてもいいでしょう。

自宅でのケアを意識することで、ニキビ治療を失敗させずに治すことができます。クリニックで治療をしていても、自宅でニキビができやすい行動をしていると、意味がありません。ニキビを悪化させる原因には、生活習慣の乱れやホルモンバランスの崩れ・ストレスなどがあります。よって、規則正しい生活を意識して、原因になる行動を控えるといいのです。クリニックからは薬の処方があるでしょう。指示された容量の薬を服用もしくは塗布することも大切です。処方されたものを正しく使用しないと、ニキビ治療は失敗してしまいます。

今では普通の抗菌剤効かない場合、2015年からはアクネ菌殺菌効果とピーリング効果を兼ね備えた過酸化ベンゾイル薬が処方可能となりました。
又、普段からビタミンB,Cをサプリからとることも大事です。他、食物繊維も、便秘はニキビの大敵ですから。漢方薬の清上防風湯、個人的には赤ニキビ漢方では最強だと思っています。担当の先生にお願いすれば、クリニックでも処方してもらえます。

洗顔は絶対こするのではなく、洗顔料をしっかり泡立て、ぬるま湯で20回数回すすぎ落としていく感じです

あとは保湿。乾燥、また過度に顔の油分を洗い落とすと、皮脂腺から皮脂が頑張って分泌されるので、皮膚角質層間で詰まって炎症を起こします。皮膚科でも保湿剤を出してくれる場合があります。

運動不足で代謝が落ちると、角質肥厚の原因にもなるので、ちゃんと運動もしましょう

できればニキビできそうだと思ったら、飲み会を避けてでも、一日7時間は寝ましょう。自律神経の乱れでなるニキビも多いですから。

ニキビケアの 動画 まとめ

関連キーワード
健康,美容の関連記事
  • 寝る直前の食事がNGな3つの理由と健康にいい空腹対策を紹介!
  • 注目されている美白成分アルブチンの効果
  • ストレスだけじゃない!現代人に急増中のパニック障害になりやすい人の特徴6つ
  • ニキビに効く薬、ケア方法、他注意するべきところ

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事
リゾートを駆け巡る マウイの旅
旅行,自然
アメリカハワイ州、マウイ島はハワイ諸島で2番目に広い面積を持つ島です。 オアフからマウイ島まで、およそ40分のフライトですから、沖縄本島から...
気軽に癒されたい!東京の温泉5選
国内
東京ってみんなせかせかしていて慌ただしいイメージですよね。みんなそんな喧噪に慣れてしまっていますが、たまにはのんびりゆったりしてリラックスし...
感動のクーポンサイト体験!
日常生活
この前初めてクーポンサイトを利用しました。 4人以上で幹事無料ということです。もちろん幹事はだれでもOK! 素敵なイタリアン店でした。もとも...