人間関係がうまくいかない人の5つの特徴と解決方法

この記事を読むのに必要な時間は約: 6 分

「職場の上司との会話に詰まる」
「友達との距離が縮まらない」
「家族の間でも何かと遠慮してしまう」

人間関係がうまくいかなくて悩んでいるのはあなただけではありません。

置かれている環境や相手との関係性を問わず、どうしても他人との程よい距離感や付き合い方がわからないという人は多いのです。

でもこれからの時代は、周りとの人間関係をスムーズに進めておいた方が、いざという時に助けてくれる相手が増えてずいぶん生きやすくなります。

また、自分以外の誰かとお話しをする機会が増えるので、コミュニケーション不足からくるストレスにも負けないようになるでしょう。

この記事では、人間関係がうまくいかない人の5つの特徴と解決方法をお伝えします。

①人間関係がうまくいかない人の5つの特徴


(参考:https://pixabay.com/ja/)

まず初めに、人間関係がうまくいかない人の5つの特徴をお伝えします。

あなたが漠然と感じている「相手からの冷たい視線」や「疎外感」といったものの原因は、周囲の人たちではなく自分自身にあるのかもしれません。

下記5つの特徴のうち当てはまるものがあれば、今すぐ自分の在り方を見直さなければ、周りとの円滑な人間関係は手に入らないでしょう。

1.1 自己主張が強すぎる

あなたは、周囲とのコミュニケーションの取り方を間違えていませんか?

・職場の上司に仕事を頼まれたときに手一杯だと、「できない」と主張する癖がある

・友達の話を聞いているとき、ついつい自分の意見を言ってしまう

このような特徴があると、相手に不快感を与えることになります。

「○○とは付き合いにくいからもういいや」と人間関係を築くこと自体あきらめられることもあるので、自己主張が強すぎるのは考えものです。

1.2 反省点を指摘されても素直に聞き入れない

「君は○○な部分を反省しないとね」なんて上司に言われたことがありませんか?
反省点を指摘されても素直に聞き入れられない人は、人間関係で苦労します。

相手は、あなたの為を想って指摘しているのです。
そのことに感謝し、自分から率先して向上しなければ、人としての成長はありません。

当然ながら、成長できない人は誰からも信頼されませんので、人間関係は停滞したままになります。

1.3 自分に自信がない

誰しも自分に対するコンプレックスはあるでしょう。
でも、誰の目から見ても自分に自信がない人というのは、魅力的に映らないのです。

自分の長所を積極的に見つけて、その良さを活かした人付き合いができると、人間関係はスムーズに進み始めます。

1.4 人によって態度がコロコロ変わる

相手が好きか嫌いかによって、態度を変えている人は少なくありません。
でも、それでは相手の本質を見ないうちから「この人はこういう人だ」と決めつけていることになり、人間関係で損をします。

態度をコロコロ変える人は、相手からも同じように扱われることを覚えておきましょう。
「お得意様をひいきにする」感覚で人付き合いをしていても、人間関係は改善しません。

人は誰もが、相手にとって特別な存在でいたいものです。
偏見やその場の感情だけで関わり方を決めるのではなく、誰にでも公平に接しましょう。

1.5 人の気持ちがわからない

最近、人の気持ちがわからないことが原因で、人間関係がうまくいかない人が増えているのです。

「思いやりがない」という以前に、どんな言動が相手に嫌われるのかを理解していない人が多く、圧倒的に他人とのコミュニケーション量が足りていないことがわかります。

②人間関係がうまくいかないときに実践したい解決方法


(参考:https://pixabay.com/ja/)

人間関係がうまくいかないときに、心理学を勉強して相手の気持ちを読み取ろうとする人もいますが、これは詮索された相手にわずらわしさを与えてしまうのでNG。

自己流の対処法で信頼関係を破たんさせる前に、「人間関係がうまくいかないときに実践したい解決方法」を試してみてくださいね。

●他人との程よい距離感を掴む

どんな相手であれ、人間関係をスムーズに進める上で、他人との程よい距離感を掴むのが鉄則になります。

・相手の話を復唱してから自己主張をする

・自分が相手を怒らせた場合は、「不快な気持ちにさせたこと」を真っ先に謝る

・1度断られたらしつこく誘わない

上記3つの事柄は、いずれも他人との程よい距離感を掴むことにつながります。
これさえマスターできれば、大抵の人間関係はうまくいくのです。

まとめ職場の上司、友達、恋人、家族と人間関係をスムーズに進めたい相手はたくさんいるわけですが、いずれも一筋縄ではいきませんよね。それは、当然のことなのです。

私たちは、自分以外の他人の心を100パーセント読めるわけではありませんよね。
時には意見交換や衝突を繰り返す中でしか、相手の本音に気づけないこともあります。

だからこそ他人との距離感を掴み、自己主張するばかりのあなたから卒業することが、人間関係を根本から改善する方法といえるのではないでしょうか。

人間関係の 動画 まとめ

  • 人間関係がうまくいかない人の5つの特徴と解決方法
  • 【高評価】ビジネスマンなら読みたい大注目のビジネス書籍を大紹介!
  • 行動の邪魔をする潜在意識の現状維持機能を乗り越えよう
  • 【新卒社員必見!】仕事の効率を飛躍的に良くする3つのポイント
  • 業務を効率化するクラウドERP、その3つのメリットとは
  • ビジネスメール詐欺(BEC)に注意!今後広がりを見せる恐ろしい詐欺とは
おすすめの記事
最強のエディタBrackets
IT
いろいろとエディターを使ってみたなかで、Bracketsという最強のに出会えたことは、今後プラグラムを組むことにおいて、無限のモチベーション...
Javascriptのすすめ
IT
Javascriptの時代がくる!と密かにに思っている。数年後、プログラミング教育が義務化になろうとしていて、初心者にはまずPHPと言いたい...