【東京】何度でも通いたくなる面白い本屋3選!本との「出会い」を楽しもう

この記事を読むのに必要な時間は約: 3 分

本を買うならネット通販か電子書籍という人が増えている中、本に「出会い」を求める愛書家は健在だ。今回は、本当は誰にも教えたくない、でも教えずにはいられない、東京にある何度でも通いたくなる面白い本屋さんを紹介しよう。

1. 「ヒト・モノ・コト」に出会う「出会い系本屋」:SNOW SHOVELING

世田谷区駒沢にあるSNOW SHOVELING(スノウショベリング)の店主は「出会い系本屋」と自称している。本を通じて人と出会おう、知らないものや、知らないことと出会おう、というのがこの本屋のコンセプト。くつろげるソファでコーヒーもビールも飲めて、ネットもできる。取り扱う本は古書・新本・洋書などジャンルを問わない。店主の提案型の書棚づくりが面白い。

*SNOW SHOVELING
東京都世田谷区 深沢4-35-7 深沢ビル2F-C
http://snow-shoveling.jp/

2. 本を売らないフリーペーパー専門店:ONLY FREE PAPER TOKYO

ONLY FREE PAPERは、フリーペーパー、フリーマガジン専門の書店である。「フリー」だから、本を売っていない。持ち帰りも可能だ。
近年のフリーペーパーは精度が高く高品質。種類も多種多様、ローカル色も濃くて内容も面白いものが多い。今まで居場所がなかったフリーペーパーに居場所を作ったら、本を売らない本屋になってしまったというが、日本各地のフリーペーパーやフリーマガジンに出会える機会はそうそうない。新鮮でローカルな情報が得たい人には魅力的な場所だ。

*ONLY FREE PAPER TOKYO
〒153-0061 東京都目黒区中目黒3-5-3 Space Utility TOKYO内
http://onlyfreepaper.com/

3. 本と人とをマッチングしてくれる選書専門店:双子のライオン堂

赤坂の双子のライオン堂は、元々はネット古書店から始まってリアル書店に落ち着いたところが面白い。コンセプトは『本との出会い』『100年残る本と本屋』。「本と本当に出会う」ために本とのマッチングサービスもしてくれる。いくら名著でも、その人にはその時に出会うべき本がある。その手助けをしてくれるのがこのお店のミッションだそう。小説家をはじめ多彩な専門家に選んでもらった本しか置いていないことも特徴だ。

*双子のライオン堂
〒107-0052 東京都港区赤坂6-5-21
https://liondo.jp/

東京のちょっと変わった本屋の 動画 まとめ

  • TOYOTA・BMW・メルセデスベンツの新車を徹底解剖!話題のMBUXも初搭載!
  • ツッコみたくなるネタ系おもしろ文房具5選を厳選紹介!職場や学校に置いてみよう
  • 『ミツバチが一生かかって集めるはちみつはスプーン一杯だけ!人気のはちみつの種類とは』
  • 映画好きなら一度は訪れたい映画をコンセプトにしたカフェ&バー3選
  • 【東京】何度でも通いたくなる面白い本屋3選!本との「出会い」を楽しもう
  • 定価が上昇中!増税前に必ず購入しておきたい高級腕時計3選
おすすめの記事
鬼怒川温泉はよかった
国内
関東の温泉はほぼ行きつくした。数年前、関東の温泉百選っていう本があって、調べながら比較して、結局攻略してしまおうとしていたから...。 思い...
世知辛い世の中で、人間の煩悩について
スピリチュアル,宗教
トマ・ピケティの「21世紀の資本」が発売されてから、一時期マルクス関連本がリバイバルした様子だが、長続きしていない。 だが、マルクスは結局正...