行動の邪魔をする潜在意識の現状維持機能を乗り越えよう

この記事を読むのに必要な時間は約: 3 分

潜在意識の現状維持機能とは

人間の意識には日常的に認識している顕在意識と、認識することができない潜在意識があると言われています。ビジネスなどの自己啓発のジャンルにおいて潜在意識というワードはよく用いられますが、なかでも、潜在意識の現状維持機能は注目度が高いテーマの一つです。

現状維持機能というのは、文字通り無意識下で現状を維持しようとする機能で、日々の様々な場面で大きな影響を及ぼしていると言われています。例えば、新しく何か始める時、「面倒だな」とか「失敗したらどうしよう」といった形で行動を妨げる感情が湧いてきたり、歯磨きや読書などすでに習慣として確立されていることを、暇だから「とりあえずやろう」という風に思うのも、現状維持機能のなせる業と言えます。

現状維持機能の働きは、意外と気づきにくい

潜在意識の現状維持機能は、人間が生きていくために必要な働きですが、何か新しいことを始める時には大きな障害となってしまいます。特に、現状維持機能が厄介なのは、その機能が働いているということに気づきにくい点です。あたかも自然な感情の動きとして、現状維持機能は働くので、心の動きを注意深く観察していないと、その機能の思惑通りに動かされてしまいがちです。

潜在意識の現状維持機能に邪魔されないためには、まず人間の心にはそういった見えないメカニズムがあり、現状を変えるような何か新しいことをしようとする時には、必ず働くということを覚えておくことが重要です。

現状維持機能を乗り越えるには、ささいな一歩から

現状維持機能を乗り越えるのは大変なように思えますが、実はちょっとしたコツで簡単に乗り越えることが可能です。現状維持機能は、動き出す前に一番強く働くので、最初の行動をできるだけ小さく簡単なものにするという工夫がとても有効です。

ダイエットをするなら、最初は3日間だけのプチダイエットにしてみる。宿題をやるのが面倒なら、とりあえず、15分だけやればOKにしてみる、などなど。何か新しいことを始めたり、するのが面倒なことがある時は、このようにちょっとだけ試しにやってみるようにすると良いです。試しに少しだけやってみたら勢いがついて、意外とその後も長続きしたという経験は誰しも一度や二度はあるはずです。

現状維持機能はこうしたささいな一歩から簡単に乗り越えることが可能なので、日常生活で何か新しいことを始める時に参考にしてみてください。

現状維持機能を乗り越える方法の 動画 まとめ

  • ボーッとするのはいいことだった!脳科学で発見したDMNとは
  • 勉強や仕事のお供に!オススメのラジオ番組3選
  • 海外留学者を支援!年収制限も緩い海外留学給付型奨学金を紹介!
  • 【2019年度5月度】仕事&就活に利く!最新のビジネス書籍を大紹介!
  • NETFLIXのお得な使い方
  • 【テレアポの達人直伝!】平均月収20万を卒業するクロージング

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事
お勧めのネット証券とその比較
政治,経済
最近ネット証券で株取引を始めてみたいと考えていませんか? しかしネット証券は数が多く、比較すべきですが各項目も多く分かりにくい側面があります...
躍進著しい シンガポールの旅
旅行,自然
シンガポールの国土は、東京23区の面積に近い広さです。近隣の東南アジア諸国の中心的存在の国で、経済や医療分野も発展しており治安も良く、観光地...