身体に力が入ってない?脱力法を身に付けて毎日快適に過ごすワザ

この記事を読むのに必要な時間は約: 4 分

肩が無意識に上がってしまうのを治したい。お腹に力が入るのを緩めたい。気付くと眉間にシワが寄っている。筋肉痛みたいな違和感が常にある・・・。
こんな状態から抜け出したいと思っている人って、実は少なくないのです。

本当は身体をゆったり休めたいのに、なんとなくいつも緊張状態が抜けないで困っているあなた。
正しい脱力法を身に付ければ、今の生活が嘘のように一変します!
全身を縛り付けていた緊張から解き放たれて、快適な毎日を過ごしてみませんか。

こんな症状ありませんか?

「肩や首が凝りやすい」「背中のハリが気になる」「重たい頭痛がいつも抜けない」など。
このような症状で悩んでいる人は、全身の筋肉に無駄な力が入っている可能性大!

本人も気付かないまま放置していると、場合によっては自律神経失調症やうつ病に移行してしまうこともあります。
今のうちに自分のカラダと向き合って、しっかりメンテナンスしていきましょう。

試してみよう!身体の力を抜く方法


今回は、即効性があって手軽に行える脱力法を3つご紹介していきます。是非あなたも試してみてくださいね。

呼吸法は8秒で吐くのがポイント

脱力するための呼吸法って、調べていると色々な種類が出てきますよね。
やり方の解説も細かく書かれていたりして、読んでいるだけで疲れちゃいそうなものも少なくありません。

呼吸法は単純。「ゆっくり吐くことを意識する!」
ただこれだけでOKなんです。時間をかけてたっぷり吐き出すことができれば、身体は再び酸素を取り込もうと勝手に大きく吸い込みます。

目安としては、息を吐き出すのに8秒。吸い込むのに4秒程度がオススメ。
私たちの身体をリラックスさせる副交感神経は、吐く呼吸のときに優位となります。意識的に肩や腹筋の力を抜きながら、ゆったりとした気持ちで行いましょう。
「吸わなきゃ」とか「吐かなきゃ」と頭で考え始めると、再び筋肉に力が入ってしまうため、できるだけ頭の中をクリアな状態で行うのがポイントです。

手足ブラブラで全身脱力

こちらも簡単な脱力法。基本は足を肩幅程度に開き、立った状態で行います。
両手を同時にブラブラ揺らすだけ。前後左右に30秒ほど続けましょう。足は片方ずつ行います。
一見とても容易に思えますが、身体の筋肉がカチコチに凝り固まっている人の場合、上手にブラブラ揺らすことができません。
ロボットみたいに不自然な動きになっちゃうこともしばしば。

前述した呼吸法のように、ゆったりと深い息のまま脱力していくのがカギです。

肋骨揺らしで背中の筋肉を緩ませる

こちらは著者も初めてやったときに感動した脱力法のひとつ。
両手の指をしっかり開き、肋骨部分に当てたまま上下に揺らしていくエクササイズです。
肋骨の前と横をまんべんなく緩ませるイメージで行いましょう。1分程度続けると、背中の大きい筋肉や脇の下の筋肉のハリが楽になるのが感じられます。

胸まわりの筋肉やスジがリラックスすることで呼吸もしやすくなり、身体全体の緊張が和らいでいくのを実感できるはずです。是非やってみてくださいね。

まとめ

今回は、無意識のうちに身体へ力が入ってしまう方に向けて「脱力法」を中心にご紹介してきました。
「肩や首、背中が凝りやすい」という自覚がある方や、身体が痛い、筋肉のこわばりが取れないという症状で悩んでいる場合には、筋肉がいつも緊張しているのが原因かも。

緊張状態が続いていると余計な体力まで消耗してしまうため、やたらと疲れやすくなってしまいます。
ふと気づいたときだけで構いませんので、できるだけ深くてゆっくりな呼吸を心がけ、ストンと力を抜く習慣をつけると良いでしょう。

身体の無駄な力が抜けると「仕事」や「趣味」のパフォーマンスも上がり、とっても清々しい気分で毎日を過ごすことができるはずですよ。

脱力法の 動画 まとめ

健康,美容の関連記事
  • 身体に力が入ってない?脱力法を身に付けて毎日快適に過ごすワザ
  • 野菜を食べていてもビタミンCは不足している?衝撃の事実とその理由
  • 背中のブツブツを治したい人は必見!背中ニキビに効果的なケア3つ
  • 本当に効く美白有効成分ってどれ?皮膚科でも処方される成分3つ
  • 本気でウォーキング! そのコツは?
  • 自律神経を整えると若返る?副交感神経を優位にするメリット

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事
気軽に癒されたい!東京の温泉5選
国内
東京ってみんなせかせかしていて慌ただしいイメージですよね。みんなそんな喧噪に慣れてしまっていますが、たまにはのんびりゆったりしてリラックスし...
絶景とロマン 小豆島の旅
国内
小豆島は年間を通して温暖な気候で外周およそ100キロ、瀬戸内海では淡路島の次に大きい島です。 海沿いや内陸に多くの観光スポットが点在していま...