フィギュアスケートで一流になるための費用は約1億円!その内訳を年代別に解説

この記事を読むのに必要な時間は約: 3 分

フィギュアスケートはスケート靴や衣装、レッスン代など数多くの費用が必要な競技だ。
近年フィギュアスケートは子どもに習わせるスポーツとしても人気だが、オリンピックに出場するクラスの一流選手になるためには、1億円ほどの費用がかかることを覚悟しなくてはいけない。

【ノービルクラス】1年生から6年生まで続けると6年間で約1,980万円かかる

小学生から一流選手を目指すと仮定し、費用の内訳を見てみよう。
製品によって異なるが、スケート靴(2足分)の相場はエッジ(刃)を含めて約20万円だ。靴は1年間に1度のペースで買い替えると仮定しておく。
スクールのノービルクラス(初心者コース)のレッスン代は年間240万円ほどとされている。大会に出場するためにはクラブの登録料が約50万円かかり、さらに楽曲使用料・振り付け・衣装を含めるとプラス20万円ほどかかる。
上述した内訳を小計すると、ノービルクラスの段階では年間330万円。
小学1年生から6年生までの6年間継続した場合、合計1,980万円だ。

【ジュニアクラス】海外遠征もすると1年生から3年生で総額1,440万円かかる

続いて選手が中学生に成長してジュニアクラスに移った場合の費用内訳は以下の通り。
エッジ含むスケート靴の費用が年間約30万円であり、フィギュアスケートのレッスンは専属のコーチによる指導を受けるため、年間100万円ほどかかる。
スケートリンクの借用費が年間50万ほどで、楽曲使用料・振り付け・衣装の小計が年間約80万円。さらにバレエの指導も必要なので、レッスン代が毎年120万円ほどかかる。また海外遠征を行う場合は、旅費として100万円程度かかるだろう。
上述した内訳を小計すると、ジュニアクラスは年間480万円かかる。中学1年生から3年生までの3年間継続した場合、トータルの費用は1,440万円。

【シニアクラス】バレエレッスンも取り入れると16歳〜19歳までで6,330万円かかる

選手が実力をつけて高校進学と並んでシニアクラスに移った場合、一流と呼ぶに相応しい選手になれるよう厳しい練習を積んでいく。
シニアクラスとなると費用が高額になり、スケート靴・楽曲使用料・振り付け・衣装・スケートリンク借用費の小計が年間約350万円になる。スケートを指導するコーチの質は高くなり、レッスン代は年間1,000万円ほど。
バレエレッスンの費用は年間約360万円であり、遠征費は年間約500万円。つまりシニアクラスは年間2,210万円の計算になる。
仮に16歳から19歳まで3年間継続した場合、トータル費用は6,630万円と高額だ。

ノービル、ジュニア、シニアの各クラスを合計した費用は1億50万円。
仮に選手が20歳ほどでオリンピックに出場すると仮定した場合、一流選手になるために必要な費用は約1億円と考えておこう。

関連キーワード
スポーツの関連記事
  • 日本のメッシと呼ばれる若きスーパースター!久保建英の成長が止まらない
  • 日本代表も参加するコパアメリカ2019の展望を一足先に考えてみた
  • オリンピック初代王者に輝く可能性大!BMXアスリート大池水杜
  • フィギュアスケートで一流になるための費用は約1億円!その内訳を年代別に解説

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事
利他行と利己的遺伝子
スピリチュアル,宗教
「なぜ我々は利他的でなければならないのか?」 「利他的であることは、社会に貢献することだから。」 「なぜ、自己犠牲をしてまで、社会に貢献しな...
自然と文化 沖縄の旅
国内
沖縄は年間を通して、観光客が多く訪れる観光地です。 冬の季節でも、日が差せば日中でも長袖シャツ一枚で過ごせるほど温暖な気候です。 また夏の季...