恐怖の都市伝説「杉沢村」の知らないほうがいい真相について

この記事を読むのに必要な時間は約: 3 分

「杉沢村」という恐ろしい都市伝説が話題になっていることをご存知だろうか。今回は、その「杉沢村」について調べたことを共有しよう。

・恐怖の都市伝説!青森県にあったという「杉沢村」の概要

昭和の初めに青森県の杉沢村という村で、精神異常をきたした村民の青年が、一晩で鉈や斧で村人を1人残らず殺害した後、自分も自殺した凄惨な事件があったという。あまりにも残虐な事件であったため、自治体ぐるみでこれを隠蔽し、杉沢村は廃村になり、事件自体も抹殺されてしまったそうだ。

そして、その村に迷い込んだ者は決して生きて帰って来られず、また、現在どこを探しても「杉沢村」のありかはわからないという。そのため杉沢村は異界の入り口である、という説もある。

・「杉沢村」事件は都市伝説の特徴をもっている

知ってのとおり、都市伝説は真偽不明の噂が全国で広まり、子どもや若者層を中心に受け入れられていく話のことだ。2000年以降はインターネットを介して「友達の友達」などの体験談として定着し、定期的に盛り上がる特徴がある。

実は、「杉沢村」」に関しては、「決して生きて帰って来られない」と言われている一方、廃村となった杉沢村の現在の状況、例えば「壁に血飛沫の残る家」といった様子も噂されている。

これは矛盾と言えるだろう。そしてそれこそが「都市伝説」の特徴だ。都市伝説「杉沢村」事件自体が「真偽不明」なのである。

 

・「杉沢村」の元ネタと思われるのは1938年の「津山事件」

この話の元ネタはおそらく「津山事件」である。「津山事件」は1938年に岡山県津山で起こった実話。村で孤立した青年が計画的に村民33人を殺傷した事件で、後々小説や映画の題材にもなった。昭和生まれの日本人に、詳細はともかく「昭和の初めにどこか田舎で村人の大量殺人事件があった」と言う共通認識があったのは事実。

「どこかよく分からない田舎」として「青森県」は好都合の場所であったのかもしれない。実際の津山は現在でも存在し、人も住んでいる。

・あるゲームの存在が「杉沢村」の真相である可能性が高い

昨今のスマホゲームアプリに「脱出ゲーム」というジャンルがあることをご存知の方も多いだろう。実は、その中に「都市伝説杉沢村」からの脱出ゲームがある。2000年頃に掲示板などを賑わした真偽不明の体験談を元に、謎の杉沢村から女子高生3人組を無事に脱出させるゲームである。このゲームの存在こそ、都市伝説「杉沢村」の真相の可能性が高い。

知らない方がよかった、と思う貴方はまだ夢がある人かもしれない。

杉沢村の 動画 まとめ

都市伝説の関連記事
  • 船や飛行機が消える!?魔の海域、バミューダトライアングル
  • 異空間に入ると現れる「時空のおっさん」とは?
  • 「おまえのポケモン しんだのか? 」ライバルがシオンタウンに訪れた理由とは
  • パラレルワールドに存在する駅?踏み入れてはいけない「きさらぎ駅」
  • 恐怖の都市伝説「杉沢村」の知らないほうがいい真相について
  • 【ポケモンの都市伝説】なぞのばしょ

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事
子供孝行のすすめ
ニュース,時事
昨今子供に対するいじめ、虐待事件がマスコミによく報道されているが、これを根絶する方法はなかなか難しい。また、目立たないが精神心理的に多いに懸...
Javascriptのすすめ
IT
Javascriptの時代がくる!と密かにに思っている。数年後、プログラミング教育が義務化になろうとしていて、初心者にはまずPHPと言いたい...