日本のメッシと呼ばれる若きスーパースター!久保建英の成長が止まらない

この記事を読むのに必要な時間は約: 3 分

今現在日本サッカー界で最も活躍を期待される選手、久保建英をご存知でしょうか?
10歳の時にスペインの強豪・FCバルセロナの下部組織カンテラに入団し、活躍を果たした早熟の天才です。
この記事ではそんな久保建英の経歴と現在をご紹介します。

久保建英のプロフィール

まずは簡単に久保建英の経歴をご紹介しましょう。
久保建英は2001年6月4日生まれ。出身は神奈川県川崎市です。

3歳の頃にサッカーを始め、上述したように10才という若さでスペインへと渡っています。

もちろんこれだけでもすごいのですが、所属したチームのリーズ戦にて年間30試合に出場し、74得点を記録。
1試合平均、2得点以上という脅威的な記録を残したのです。
が、2014年にバルセロナが「未成年者の国際移籍・登録」に関する規則に違反したとして、全試合に出場することができなくなってしまいます。
結果として久保は帰国を余儀無くされることとなってしまいました。
帰国後はJリーグに舞台を移し、FC東京U-18でプレーを続けます。
そして自身が16才の時、2016年11月にはJ3リーグAC長野パルセイロ戦にてJリーグ史上最年少記録を樹立。
また翌2017年にはFC東京とプロ契約を結びました。

カンテラでのプレー経験や若くして目覚ましい活躍を遂げていることから「日本のメッシ」と評されることも多いようです。

久保建英の最新状況は?

2017年にプロ契約を結んだ久保建英。
その後も16才5ヶ月22日でJ1リーグデビュー(史上3番目の若さ)を果たすなど活躍を続けます。
2019年2月現在(※公開月に合わせて変更いただいて構いません)は、バルセロナへの復帰が期待されています。
そもそも久保が帰国するきっかけとなったのはバルセロナが「未成年者の国際移籍・登録」に関する規則に違反したことでした。
この規則は18歳未満の選手の国際移籍と登録に制限をかけるものです。
よって2019年6月に18歳になる久保はこの制限をかけられることなく、遺跡が可能となるのです。そのため、久保のバルセロナ復帰が囁かれるようになっています。

実際にスペイン紙が久保がバルセロナへ復帰する見込みがあることを報じています。

また、現地メディアにて「21世紀におけるアジア最高の選手になる可能性を秘めている」など表示に評価も高いようです。

加えてマンチェスター・シティやパリ・サンジェルマンといった強豪クラブからもオファーがあるようで、世界的な関心が非常に高いことが伺えますね。
現状としては所属するFC東京は海外移籍に関して否定しているようですが、近い将来に久保が海外移籍を行うのはほぼ間違い無いと言って良いのではないでしょうか。

若くして突出した才能を見せる久保建英。
未成年でありながらも、世界を注目させるそのプレーセンスはとどまることを知りません。
一体今後どのような活躍を私達に見せてくれるのでしょうか。

久保建英の 動画 まとめ

スポーツの関連記事
  • 日本のメッシと呼ばれる若きスーパースター!久保建英の成長が止まらない
  • 日本代表も参加するコパアメリカ2019の展望を一足先に考えてみた
  • オリンピック初代王者に輝く可能性大!BMXアスリート大池水杜
  • フィギュアスケートで一流になるための費用は約1億円!その内訳を年代別に解説

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事
ロマンチック都市 ロンドンの旅
旅行,自然
ロンドンは英国の首都であり、ゴシック建築の教会や古くからの建物などがあり、歴史と伝統を感じる街並みと近代的な高層ビルも建ち並ぶ、時の流れを形...