サスペンス映画の金字塔、ユージュアルサスペクツ

この記事を読むのに必要な時間は約: 4 分

サスペンス映画。
人の心を宙づりにするという意味の英単語がサスペンスの語源であり、ストーリーがどのようになっていくのか予想がつかない展開が最大の魅力です。
「羊たちの沈黙」「シャッター・アイランド」「シックス・センス」などサスペンス映画として名作として語り継がれる作品は数多く存在します。
しかし、その中でも私は1995年に公開された「ユージュアル・サスペクツ」が最も素晴らしい作品であると思います。
ではその理由とあらすじを説明します。

・あらすじ

カリフォルニア州のサンペドロ港に停泊していたマフィアの麻薬密輸船が爆破された。
その後中を調べて見ると複数の銃殺体が発見される。
関税局捜査官のクイヤンは、その事件で一人だけ無傷で生き残った詐欺師のヴァーバル・キントを警察署内で尋問する。
キントはサンペドロ港での密輸船爆破事件が発生するまでの経緯を語り始める。
それは以下のようなものだった。

密輸船爆破事件の6週間前、ある事件で5人の「ユージュアル・サスペクツ」(いつも容疑者として名前が挙がる者たち)の面通し(容疑者の顔を事件関係者や被害者に見せること)が行われた。
その面子は元汚職刑事のキートン、強盗コンビのマクマナスとフェンスター、爆弾製造を請け負うホックニー、キントの5人。
その後5人は釈放され、共に悪事を働くようになる。
ある日故買屋のレッドフットから宝石強奪の話を持ちかけられ成功させるが、奪ったケースの中に入っていたのは宝石ではなく、麻薬だった。
話が違うとレッドフットに5人が詰め寄ると、コバヤシなる人物に会うよう指示される。
コバヤシに会うと、彼は今回の話は伝説のギャング「カイザー・ソゼ」の命令であると説明する。そして5人に麻薬密輸船の爆破を指示。
当初は断ろうとした5人だが、キートンの恋人イーディを人質に取られ実行することを余儀無くされるのであった。

・最後のどんでん返しが圧巻

「ユージュアル・サスペクツ」の肝と呼べるのはカイザー・ソゼは誰なのか?というものです。
キントが回想中に「家族を殺された復讐に相手の家族、友人、勤務先の人物まで皆殺しにした」というエピソードを語りますが、その正体までは明らかにされません。
その正体が明らかになるラストシーンはキントが話を終えて警察署を去った後に、クイヤンがその話を元に気づくというものなのですが、このラストシーンの見せ方が非常に秀逸。
話の各シーンがフラッシュバックされながら点と線が繋がっていき、見る者を「あれはそういうことだったのか!」と唸らせること間違いありません。
かつ、余計な説明は一切無くスピード感が素晴らしいです。
正体に気づき駆け出すクイヤン、署内にファックスで送られてくる生存者の話を元に作られたカイザー・ソゼの似顔絵・・・。
これらのシーンが次々と映し出されます。
回想中の「The greatest trick the devil ever pulled was convincing the world he didn’t exist. And like that… he’s gone.(カイザー・ソゼがすごいのは自分の存在を謎にしたことだ。そして・・・彼は消えた)」というキントのセリフを思い出さずにはいられない圧巻のラストシーン。
これが「ユージュアル・サスペクツ 」の最大の魅力です。

サスペンスの金字塔であり、公開年のアカデミー脚本賞を受賞した「ユージュアル・サスペクツ 」。
その魅力は今回説明したようなカイザー・ソゼの正体が明らかになるラストシーンにあります。
この記事を読んで、「ユージュアル・サスペクツ 」を見てみたいと思って頂けたら幸いです。

ユージュアルサスペクツの 動画 まとめ

映画, 洋画の関連記事
  • ボヘミアンラプソディー 魂を揺さぶる映画
  • バッドジーニアスー危険な天才たち  スマートでスタイリッシュなタイ映画
  • 実話が題材!日本の社会問題まで描かれる脳裏に焼き付く邦画3選!
  • 君の名はー疎外された現代若者の自分探し
  • サスペンス映画の金字塔、ユージュアルサスペクツ
  • アカデミー賞2019発表目前!過去の長編アニメ受賞作も感動の名作揃い!

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事
哲学の祖、ソクラテスの教え
心理,文学,哲学
紀元前4世紀に活躍した哲学者、ソクラテス。 哲学の祖として知られ、後世の哲学者たちに多大なる影響を与えました。 紀元前の人物でありながら、そ...
歴史と革新 長崎の旅
国内
長崎と言えば、西洋や中国などの異国情緒がただよう街並みと日本の文化が融合された観光スポットが点在していることで知られています。 今回は、そう...