音楽界の未来を担う若きプロデューサー、tofebeats!おすすめの3曲をご紹介

この記事を読むのに必要な時間は約: 4 分

現在著名な音楽プロデューサーとして名が挙がるのはCHARA、Superfly、back numberなどを手がける蔦谷好位置やPerfume、きゃりーぱみゅぱみゅなどを手がける中田ヤスタカなどだと思います。

しかし、今後日本を代表する音楽プロデューサーとして成長する可能性が高い存在がtofubeatsです。

4枚のアルバムをリリースなど自身も音楽活動を活発に行う中、ももいろクローバーZ、佐々木希、YUKI、平井堅などに楽曲提供を行っています。

また第68回NHK紅白歌合戦にて郷ひろみが歌った「2億4千万の瞳」でリミックスを担当するなど、手広く音楽活動を行っており、音楽プロデューサーとしてより有名になっていくことはほぼ間違いないでしょう。

今回はそんなtofubeatsのおすすめ曲を3曲ご紹介します。

1.ふめつのこころ

2018年に放送されたドラマ「電影少女 -VIDEO GIRL AI 2018-」の主題歌に起用された「ふめつのこころ」。
元乃木坂46の西野七瀬が劇中で歌ったことでも話題となりました。
tofubeatsの特徴として音楽トレンドに非常に敏感であげられることが挙げられます。
本曲は世界的に流行している重低なベース音にキラキラ感のあるサウンドを乗せた「future bass」と呼ばれる音楽ジャンルに区分され、トレンドに敏感なtofubeatsの感性が伺えます。
そのほかにも「トラップ」を用いた「CALLIN」などでtofubeatsの音楽的素養の深さ、各ジャンルを自己流に落とし込む作曲技術の高さを感じることができます。

ふめつのこころの 動画 まとめ

2.LONELY NIGHTS

2017年にリリースされた「LONELY NIGHTS」。
「寒い夜や暗い日々が 辛いだけじゃないって知ってた」という歌い出しが非常にエモーショナルで印象に残ります。
静かなビートに乗せられ綴られる歌詞が心に沁みいることでしょう。
Youtube上では800万回以上の再生回数を誇り、tofubeatsの中でも屈指の人気曲です。

LONELY NIGHTSの 動画 まとめ

3.水星 feat.オノマトペ大臣

2012年にリリースされた「水星」。
この曲はtofubeatsの名を一躍世に広めるきっかけとなった楽曲です。
リリースされて7年経った今でもなお、tofubeatsのLIVE終盤に必ず披露されるアンセムと呼べる一曲。の 動画 まとめ
紅白に出場した人気歌手DAOKOにカバーされたり、人気バラエティ番組「水曜日のダウンタウン」のテーマ曲に使用されたりと業界内の評価は非常に高いです。
tofubeatsのことに興味を持った方はまず「水星」を聞くことをおすすめします。

水星の 動画 まとめ

音楽,芸能,美術の関連記事
  • Suchmosの新アルバムが難解すぎてファンから悲鳴?その曲調とは
  • 博多大吉の知られざる過去!借金に苦しんだ若手時代
  • 『岡村靖幸を知らない人生は損をする!まずは秀逸なコラボ作品からハマってみよう』
  • 音楽界の未来を担う若きプロデューサー、tofebeats!おすすめの3曲をご紹介
  • 吉本興業の問題児!強すぎる個性を持つお笑いコンビ、金属バット
  • 2019年ブレイク必至!業界関係者からも注目を集めるバンドKng gnuのおすすめ曲3選

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事
レクサスの最新SUV「レクサスUX」
日常生活
・レクサス待望のSUV誕生「レクサスUX」 レクサスUXは2018年春に発表され、発売は2018年冬ということでそろそろ発売されている頃と思...