まさか立ちションしてないよね?今どきは男子も座って用を足すべし!!

この記事を読むのに必要な時間は約: 4 分

「トイレをいつもキレイにしておくと運気がアップ!?」

トイレをピカピカにするとお金が貯まるというのは、いつのまにか誰もが知っている金運アップの習慣として定着しました。

お金が貯まるかどうかはさておき、たしかに毎日ちょこちょこトイレ掃除をしていると高い洗剤を買ったり強い力でこすったりしなくてすみます。

毎日のトイレ掃除が習慣になると、たいして汚れもないうちにキレイにするので本当にラクなのです。少しの労力でいつも気分がいいので効率的ですね。

トイレ掃除といえば、便器を磨いて床のすみずみまで拭くというのが一般的。でも、一見トイレがピカピカになってもなんかニオイが取れない…そんなことってないでしょうか。

実は女性の一人暮らしや、女性だけの家族の場合はほとんどニオイは残りません。

ニオイの原因は、男性が立って用を足すときに広範囲に飛び散る尿なのです。

半数以上の男性がトイレで座っているという事実

便座カバーやマットなどを使っている場合は毎日交換して、トイレ掃除のときには壁まで拭きあげしていれば、たとえ飛沫があってもリセットされてニオイは残りません。

とはいえ、毎回毎回、広範囲の拭きあげをするというのはかなりタイヘンですよね。

もちろん、汚している男性本人が毎回トイレ掃除をしてくれるなら問題はありませんが、それができないなら最初から飛び散りを防ぐのが合理的。

すなわち、小の時も立ってしないで座ってくださいということです。

立ってした後に便座を下げない方や、下げ忘れることがある方には言っておきたいのですが、女性はトイレのドアを開けて便座が上がっていると気分が下がります。座ってする場合はそんな残念な現象もなくなるし、なにしろ便座の上げ下げが必要ないからラクですよね。

いいことずくめの座りスタイル、比較的若い世代なら共感する方も多いでしょう。

もしも「男なら立ってしたい」とこだわる方や、年代的に「座ってするなんて考えたこともないから抵抗がある」という方がいるとすれば、実はすでに少数派になりつつあります。

大手便座メーカーのPanasonicのアンケート調査によると、男性の家トイレでの小用スタイルは座ってするほうが多い結果になっています。SUUMOやTOTOのアンケートでもやはり座ってする派が半数以上を占めています。

座ってするトイレスタイルではトイレが汚れにくいから掃除がラクになり家族はハッピー。もちろん男性の一人暮らしでも自分がラクになるから、ためしてみたらきっと自分のスタイルとして定着するにちがいありません。

よそ様のお宅のトイレを借りた時も、もちろん座ってしてください。立ってしていたこれまでも汚したことに気づいたらちゃんと拭いていたかもしれませんが、見えない飛沫で汚すのを防ぐのもマナーです。

女性だって跳ね汚れがある

男性の座りトイレスタイルは、おもに飛び跳ね問題に困っている奥様や母親から座ってするようにお願いされて浸透しつつあると思われます。

しかし、実は女性でも飛び跳ね問題はあります。

汚れる場所は、男性とちがって便座の裏になります。とくに便座の裏がへこんでいないタイプのものは跳ね返りによる汚れがつきやすいので、毎回掃除シートやトイレットペーパーなどでキレイにふき取ることが必要。

それに、最近はVゾーンを脱毛する女性が多いのですが、毛がないとガイドがなくなるから、より飛び散りやすいのです。コツとしては、ひざを閉じておじぎをするような前傾姿勢で用を足すと跳ねにくくなります。

トイレを汚さない使い方のコツを知って掃除をラクに

トイレが清潔だと、毎日気持ちよく暮らせます。

こまめなトイレ掃除がいちばんですが、ちょっと意識して、まずは汚れにくい使い方をしましょう。おおげさなようですが、なんにも考えずにトイレを使っていたころとは人生が変わります。

自分はもちろん、パートナーに、子どもに、トイレマナーとして教えてあげるといいですね。

立ちションの 動画 まとめ

日常生活の関連記事
  • 日傘男子という言葉も登場!男性向け日傘が売れている理由
  • ボーッとするのはいいことだった!脳科学で発見したDMNとは
  • 勉強や仕事のお供に!オススメのラジオ番組3選
  • モバイル決済ってどれがいいの?主要なモバイル決済サービスを比較してみた
  • 増税前に大注目の海外メーカーのコードレススティック掃除機を紹介!
  • ブーム到来のニトリのホントにお値段以上の日用雑貨を厳選して紹介

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事