飲むだけでキレイになれる?トマトジュースに秘められた驚愕のパワー!

この記事を読むのに必要な時間は約: 4 分

いま、美容に気を遣う女性を中心にSNSでも話題沸騰中なのがトマトジュース。
トマトに含まれる栄養成分「リコピン」をはじめ、ビタミン類やミネラルを効率よく摂取できると人気が高まっています。

実は、著者も2年前から毎日コップ1杯のトマトジュースを飲むようになって、お肌の調子が絶好調。大人ニキビや脂漏性皮膚炎、お肌の色ムラで悩んでいた時期もあったのですが、すっかり改善されました。

今回は、そんな「飲む美容液」とも言えるトマトジュースに秘められた、驚愕の美容パワーについてご紹介したいと思います。

私が実際にトマトジュースに救われた話

私自身も飲む始める前は、「本当にこれだけで肌がキレイになるの?」と半信半疑でしたが、開始して3か月ほど経過した頃には、もうすっかりトマトジュース信者に。

皮膚科に通ってもなかなか改善されなかった肌荒れも、嘘のように落ち着いて本気で驚きました。
今ではもうトマトジュースのストックが無いと落ち着かないほどになってしまいましたよ・・・。

これは、飲み続けた人にしかわからない効果だと感じています。
別に私は、トマトジュース作ってる人でもないし、売ってる人でもないんですが、まわりの友達にもゴリ押ししている日々です。

トマトジュースにはどんな栄養があるの?

トマトには豊富な栄養素が含まれています。特に「リコピン」は、その名前だけでも聞いたことがある方も多いのではないでしょうか。
ここでは、トマトジュースに含まれる栄養と美容効果についてご紹介します。

リコピンで活性酸素を撃退

トマトには豊富なリコピンが含まれています。リコピンは、高い抗酸化作用を持っているため、体内で増えてしまった活性酸素を除去する働きが期待されているんです。

活性酸素は、紫外線やストレスなどの外部刺激、年齢を重ねることによる老化現象でも過剰に発生してしまいます。お肌のたるみ、シミ、肌荒れなど、あらゆるトラブルを起こす原因のひとつとも言われており、そのまま蓄積させるのは美容にも悪影響。
リコピンのパワーは、抗酸化作用のあるβカロテンの約2倍以上。抗酸化剤として使われているビタミンEの100倍ともいわれるほど凄いのです!

ビタミンCで美白も叶えられる

ビタミンCは、シミやくすみの元となるメラニン色素の生成を抑制する効果や、すでにできてしまった色素沈着を薄くする作用があります。このため、美白に最適な栄養素として注目されているのです。

さらに、お肌の弾力やハリ・ツヤを保つために不可欠である「コラーゲン」をつくる際にはビタミンCが必須!もっちりとした健康的な肌を保つには、もはや見逃せない栄養素のひとつですね。

カリウムが「むくみ」を改善

トマトには、利尿作用や体内のナトリウム濃度を調整する作用がある「カリウム」が含まれています。不要な水分や老廃物の排出も促してくれるため、むくみで悩んでいる方にはイチオシ!
夕方にはパンパンになってしまう“ふくらはぎ”や、寝起きに腫れぼったくなってしまう顔もシャープな印象に導いてくれるんです。

また、カリウムのデトックス効果によって、大人ニキビや肌荒れの解消にもつながると言われています。

まとめ

今回の記事では、トマトジュースの凄いパワーについてお話してきました。美白効果や美肌効果をはじめ、むくみ改善、アンチエイジングまで期待できちゃうなんて、ホントに飲む美容液!

普通のトマトを毎日食べるのは、正直大変ですよね。でも、トマトジュースは濃縮して作られているため、たった200ml程度でも十分な成分を摂取することが可能なんです。
いつでも手軽に飲めるので、継続しやすいのは大きなメリット。

ぜひ、あなたもトマトジュースに凝縮された美肌パワーを実感してみてはいかがでしょうか。

トマトジュースの 動画 まとめ

健康,美容の関連記事
  • 納豆はコスパ最強の栄養食!毎日食べたい納豆の凄いパワーとは?
  • まいたけを食べるだけで痩せる?MXフラクションがダイエットを加速
  • 飲むだけでキレイになれる?トマトジュースに秘められた驚愕のパワー!
  • アンチエイジングにも効果的!サバの水煮缶が売切れ続出している理由
  • 腹筋運動はポッコリお腹の原因に!お腹やせは腹横筋がカギ!
  • 手軽に高タンパク質が摂れる「ザバスMILK PROTEIN」が大好評のワケ

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事
子供孝行のすすめ
ニュース,時事
昨今子供に対するいじめ、虐待事件がマスコミによく報道されているが、これを根絶する方法はなかなか難しい。また、目立たないが精神心理的に多いに懸...
世知辛い世の中で、人間の煩悩について
スピリチュアル,宗教
トマ・ピケティの「21世紀の資本」が発売されてから、一時期マルクス関連本がリバイバルした様子だが、長続きしていない。 だが、マルクスは結局正...