新たなPR戦略としてVTuber市場が熱い!5人の大人気Vtuberを大紹介!

この記事を読むのに必要な時間は約: 6 分

バーチャルYouTubeが人気を集めていてVtube四天王と呼ばれる出演者も登場しています。キズナアイ、電脳少女シロ、ミライアカリなどのVTuberには、たくさんのファンがいます。新たなPR戦略として企業もVTuber事業へ参入しているのです。

バーチャルYouTube(VTuber)が、2018年5月末に3,000人を突破して増加の一途をたどっています。
個人単位で活躍するVTuberが多いなかで、企業主体の参入も始まっているのです。
近況では、グリーがバーチャルYouTuber事業へ100億円を投資したり、ロート製薬からは「根羽清ココロ」が登場したりしています。
VTuberは、大手企業が参入する注目すべき市場になっているのです。

ここでは、火付け役にもなった人気VTuberを5人紹介します。

1.キズナアイ


(引用元:https://www.youtube.com/channel/UC4YaOt1yT-ZeyB0OmxHgolA/featured)

Vtuberの火付け役になったのがキズナアイです。Activ8株式会社が彼女を生み出しました。
彼女が出演するYouTubeチャンネル「A.I.Channel」の登録者数は約243万人。
自称”インテリジェントなスーパーAI”としてVtuberとして活動し始めた彼女は、かわいらしい見た目と天然、ユーモアセンスが抜群で人気を集めています。
1つひとつの動画のネタの質が高くて、シュールで面白いと大きな話題に。
キズナアイは海外でも人気を集めていて、外国語字幕でチャンネル配信されるほど、群を抜いて人気を集めているVTuberです。

2.電脳少女シロ


(引用元:https://www.youtube.com/channel/UCLhUvJ_wO9hOvv_yYENu4fQ)

2017年に6月から活動開始はじめたVTuberの電脳少女シロは、.LIVE(株式会社アップランド)に所属しています。
清楚系なイメージの彼女は、VTuberの中でも語学が堪能です。英語・スペイン後・ドイツ語をテーマとした動画も配信されています。
【ヤンデレ英会話】のように自ら英語を話しながら、動画を投稿しているチャンネルも見られます。
彼女が出演するYouTubeチャンネル「Siro Channel」の登録者数は60万人で人気急上昇中のVTuberです。
キズナアイからも、話題のVTuberとして紹介されています。

3.ミライアカリ


(引用元:https://www.youtube.com/channel/UCMYtONm441rBogWK_xPH9HA)

Duo Incが運営するENTUMに所属している、ミライアカリはスタイル抜群なのに下ネタに寛容で人気を集めているVTuberです。
鋼メンタルの持ち主で、さまざまな最新のアプリや商品を積極的に紹介しているチャレンジャー。
身振り手振りが大きくて、ファンに向けられる明るさが彼女の魅力となっています。
2017年12月25日に配信されたライブ番組「ミライアカリ生放送」では、Twitterのトレンド第1位を獲得。
SuperChat機能では、1時間の放送時間中に約27万円もの投げ銭が飛び交いました。
彼女が出演するチャンネル「Mirai Akari Project」の登録者数も73万人にのぼります。
たくさんのファンの要望もあって、2018年3月16日には、ミライアカリの公式サイトがオープンされました。根強いファンがいるVTuberです。

4. バーチャルのじゃロリ狐娘Youtuberおじさん


(引用元:https://www.youtube.com/channel/UCt8tmsv8kL9Nc1sxvCo9j4Q?pbjreload=10)

バーチャルのじゃロリ狐娘Youtuberおじさんは個人で活動しているVtuberで、別名「ねこます」とも呼ばれています。
キズナアイ・輝夜月・ミライアカリ・電脳少女シロらと並んで「VTuber四天王」として人気を集めているVTuberです。
制作も声優も自身で行っていて、かわいい見た目でありながら成人男性の声のまま活躍しています。
「男性でもアバターを利用すればアイドルになれる」という点から大きな評価を獲得しました。
他のVTuberが企業に所属している中で、個人活動している珍しいVTuberです。

5.輝夜月(かぐやるな)


(引用元:https://www.youtube.com/channel/UCQYADFw7xEJ9oZSM5ZbqyBw)

輝夜月(かぐやるな)は、ソニー・ミュージックレーベルズのSACRAMUSICに所属しています。
彼女が出演する「Kaguya Luna Official」のチャンネル登録者数は約90万人。2019年2月地点で、キズナアイに次いでチャンネル登録者数が多く、注目を集めているVTuberです。
Vtuber四天王の中で、唯一サークル運営していて、その中でも一線を画す活動が続けられています。
2018年5月にはインドネシアのイベントにも出演するという海外活動も行っていて、日本だけではなくて世界で活躍を始めたVTuberです。

まとめ企業側はVtuberを起用することで、たくさんメリットがあります。
人では起こり得る、スキャンダルの発生の心配がなくてマネジメントが楽であることや、プロジェクト単位で動かせるので企画しやすいという点です。
そのため、大手企業がVTuber市場に参入を始めています。また、海外の方からも注目を浴びやすいです。
現在、活躍しているVTuberは2,000人いるとされていますが、もっと増えていくでしょう。
VtuberはPR戦略として反映できるので、今後の市場動向に注目してみましょう。

人気vTuberの 動画 まとめ

関連キーワード
IT, トレンドの関連記事
  • 商品が売れない!特徴とベネフィットの違いを知り売上アップ
  • 仮想通貨って結局なんなの?何に使えるの?
  • やってない?女性に嫌われるLINEメッセージ全9個紹介
  • 文章が書けない!4つの原因と解決策・おすすめ本を紹介!
  • モバイル決済ってどれがいいの?主要なモバイル決済サービスを比較してみた
  • 元・女子高生AIりんなが歌手に?AIの進化が止まらない

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事
固定給の弊害
政治,経済
固定給は正しいのか、について論じてみたいと思います。 会社組織において、雇用側は必ず被雇用側と対立する。雇用側は被雇用側にたくさん仕事をして...